ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 介護保険 > 居宅サービス事業所に対する行政処分について

本文

居宅サービス事業所に対する行政処分について

記事ID:0060974 更新日:2024年5月22日更新 印刷ページ表示

介護保険法に基づく行政処分について

 令和6年5月22日付けで、佐渡市が認可しているヘルパーステーション十季のあかり佐渡に対し、下記のとおり介護保険法に基づく行政処分を行いましたのでお知らせします。

 

1.対象事業所

 1.事  業  所  名 ヘルパーステーション十季のあかり佐渡

 2.事業所所在地 新潟県佐渡市青野334番地8

 3.事  業  者 株式会社クローバー佐渡 代表取締役 山下 峰生

 4.サービス種別 訪問介護、第1号訪問事業


2.処分年月日

 令和6年5月22日

 

3.処分内容

 訪問介護及び第1号訪問事業の指定の一部効力停止「新規利用者の受入停止4か月」

 <令和6年5月27日(月)~令和6年9月26日(木)>

 

4.処分理由

 訪問介護事業所の訪問介護員以外の者(無資格者)が介護サービスを実施したにも関わらず、別の訪問介護員(有資格者)が介護サービスを提供したように装って不正に介護報酬を請求した。

 

5.返還請求額

 392,499円(内訳 返還額327,141円 加算額65,358円)

 ※不正請求を行い受領していた介護給付費及び第1号事業支給費を返還させるほか、介護保険法第22条第3項の規定に基づき、返還金額に100分の40(介護給付費のみ)を乗じて得た加算額を請求する​。