ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 地域振興課 > 令和3年度 第1回地域振興セミナー

本文

令和3年度 第1回地域振興セミナー

記事ID:0026408 更新日:2021年5月26日更新 印刷ページ表示

『インターンシップ実践攻略講座』 ※終了しました。

 インターンシップの受入れに登録しただけで満足していませんか?採用活動や企業内課題解決において、年々重要度が高まっているインターンシップ。実際に受け入れるとなってから考えるのではなく、どのようなプログラムが有効的であるか、自社にとってメリットになるのはどのようなプログラムなのか事前に検討する必要があります。
 この講座では、大学でインターンシップに携わってる講師に事例をご紹介いただきながら、グループワークで具体的に、多様なプログラムの可能性について検討します。

第1回地域振興セミナーのチラシの画像

プログラム

第1部 講演
「企業と学生が本気でぶつかる 課題探求型のインターンシップ」
講師 高澤 陽二郎 助教(新潟大学教育・学生支援機構 教育プログラム支援センター)

講演概要:初めてその企業を知る学生が、なぜ「課題」に興味を持つのでしょうか。それは企業にとって、採用やPRに役立つのでしょうか。大学での事例も交えて課題探求型のインターンシップについて紹介します。

 

「"コトづくり実践教育"の取り組みについて」
講師 五十嵐 賢次 准教授(新潟工科大学 工学科)

講演概要:本学は2019年より「コトづくり実践教育を通じた地域中核技術者の育成と県内定着」事業を進めています。企業と連携しながら学生が積極的に参加する取り組みを紹介します。

 

第2部 グループワーク
検討内容 「3泊4日インターンシップ実施内容の検討」
実際にインターンシップを受け入れる場合の研修内容について、同業他社等とアイディアを共有しながらモデルケースをもとに考えます。

当日の様子

第1部 講演
 両大学よりインターンシップの事例をご紹介いただきました。また、学生のニーズやその中で企業がメリットを見出すための魅力あるプログラム作りの手法についてもご教授頂きました。参加者の方からも学生の考え方がわかって参考になったなどの感想をいただきました。

第2部 グループワーク
 第1部 講演で学んだことを参考に『3泊4日 インターンシップ実践内容の検討』をテーマにグループワークをしました。両大学の先生方にもファシリテーターとしてグループに入ってアドバイスなどをいただきました。

第1回地域振興セミナー 全体写真 グループワークの様子 グループワークの様子 グループワークの様子 講演の様子 

今後、市で開催を予定しているSadojob internship2021に繋がる内容となりました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!