ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 観光振興課 > 宿泊施設営業力強化支援事業補助金の活用事例紹介

本文

宿泊施設営業力強化支援事業補助金の活用事例紹介

記事ID:0024565 更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

 観光振興課では、「宿泊施設営業力強化支援事業補助金」を創設し、インバウンドの増加や新型コロナウイルス感染症に対応した「ニューノーマル」へのニーズの高まりから、観光を取り巻く環境の変化に対応し、宿泊業の営業力強化を図る取組を募集し、その取組に必要な費用について補助を行いました。

 

 このページでは、本補助金を活用した事業者様の取組の一部を紹介します。

 

〇補助金申請期間:令和2年10月15日~令和2年12月28日

             ※現在募集はしておりません。

〇補助金額:補助率2分の1(上限20万円)

〇交付件数 17件

〇交付金額 2,875千円

 

【事例1】

事業名:宿泊者の利便性向上にかかる駐車場整備事業

事業者名:ローゼンキャット

実施期間:令和2年11月25日~令2年12月24日

事業目的:駐車場の整備

事業内容:現状の駐車スペースの構造上の問題を解決し、お客様の利便性向上のため出入りしやすい駐車場の整備を実施しました。

 

駐車場の写真1  駐車場の写真2

 

【事例2】

事業名:ゲストハウスにおける新規滞在コンテンツ造成事業

事業者名:HOSTEL Perch

実施期間:令和2年12月20日~令和3年2月15日

事業目的:クラフトビール設備の導入

事業内容:クラフトビールを導入して、「サウナとクラフトビールが楽しめるゲストハウス」として、旅行者と地元の人が集まり深い思い出を作れる場所を目指して、誘客を図ります。

 

クラフトビール設備の写真  クラフトビールテイクアウトのロゴマーク