メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

世界重要農業資産(GIAHS)認定推進ワークショップ「佐渡におけるGIAHSとは?」を開催します

平成23年3月17日、トキ交流会館で(要申込)

2011年3月2日、掲載
2011年3月14日、更新(具体的な更新内容)

農林水産課 農業政策室 生物共生推進係(0259-63-5117)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)

佐渡市は昨年12月、「トキと共生する佐渡の里山」を世界重要農業資産システム(GIAHS:ジアス)に認定申請しました。

GIAHS認定に向けて、国連大学高等研究所あん・まくどなるど所長をお招きし、ワークショップを開催します。佐渡島における認定の意義、めざすべき方向性などについて、参加者の皆様と意見交換を行います。ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

注釈
  • GIAHS(Globally Important Agricultural Heritage Systems)とは、後世に残すべき重要な生物多様性を保全している農業上の土地利用方式や景観について、国際連合食糧農業機関(FAO)から認定を受けるシステムです。ユネスコの世界遺産が建物や自然そのものを登録の対象にしているのに対して、農業システムを認定するものです。

概要

テーマ
佐渡におけるGIAHSとは? : 生きものとの共生から見えてきた佐渡の価値
日時
平成23年3月17日(木曜日)午前9時30分〜11時30分開催中止
会場
トキ交流会館 ホール(新穂潟上1101-1)
入場料
無料
内容

講演

  1. 国連大学高等研究所 所長 あん・まくどなるど氏
  2. 農林水産省北陸農政局農村計画部長 中島 久宣氏
  3. 佐渡市長 高野 宏一郎

意見交換会

申込方法

入場・参加は無料ですが、事前にお申込みが必要です。電話またはファックスで、氏名・連絡先・住所または所属等をお知らせください。

申込先
農林水産課 生物多様性推進室 生物共生推進係
電話:63-5117
ファックス:63-5127
締切
3月15日(火曜日)

ファックスの場合は、GIAHS認定推進ワークショップ参加申込用紙(PDF・約140キロバイト)をご利用ください。

あん・まくどなるど氏の紹介

1965年カナダ生まれ。国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット所長。

ブリティッシュ・コロンビア大学卒業(高校・大学時代に日本に留学経験あり)。県立宮城大学客員教授、上智大学非常勤講師や、全国環境保全型農業推進会議委員、農林水産省生物多様性戦略検討会委員などの公職を務める。

著書に、「原日本人挽歌」「日本って!? Part1・2」(清水弘文堂書房)などがある。発行人・プロデューサーをつとめた「北の国へ!! NUNAVUT HANDBOOK」(清水弘文堂書房)は第3回カナダ・メディア賞の大賞を、また、磯貝浩との共著作「カナダの先祖・森人たち」は2004年カナダ首相出版賞を受賞した。

このページの先頭へ

「ジアス(GIAHS:世界農業遺産)」のトップへ