メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

趣旨・構成・実施期間・事後検証

[平成18年度:2006年度]行政改革マニフェスト「改革宣言2006」(11ページ中:3ページ目)

2007年2月26日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

趣旨

佐渡市が平成18年3月に策定した「集中改革プラン」において、「何を」、「どの位の目標で」、「どの様な手段で」改革を進めていくのかを、より明確に市民にお示しするとともに、計画を単なる目標でなく市民との「約束」とし、改革の取り組みと成果について事後検証を行なうため、行政改革版「ローカル・マニフェスト」を策定するものです。

構成

「佐渡市行政改革マニフェスト」は、総務部長、企画財政部長、市民環境部長、福祉保健部長、産業観光部長、建設部長、教育次長、消防長の8人が「集中改革プラン」に掲げられている改革項目の中から、本年度中に各部局が重点的に取り組む項目をまとめた各部局長の改革マニフェストをひとつに取りまとめたものです。

実施期間

佐渡市行政改革マニフェストは、集中改革プランの計画期間最終年度となる平成21年度まで毎年度策定し、策定した年の4月1日から翌年3月末までの1年間を実施期間とします。

事後検証(評価と公表)

事後検証については、佐渡市行政改革推進委員会からご意見(評価)をいただき、その内容を市報やホームページ等で公表します。

このページの先頭へ

「改革宣言2006」のトップへ