メニューをスキップしてタイトルへ



引き続き、節水と防寒対策にご協力ください

2018年2月4日 11時00分、掲載

建設部 上下水道課(水道)(0259-55-3173)

水不足の危機的な状況は脱しましたが、水道水の供給はいまだに不安定な状況が続いています。また今後、冷え込みが厳しくなると、再び水道管が凍結・破損する恐れがあります。宅内水道管が破損すると、日常生活に支障をきたすだけでなく、修理にかかる費用も大きな負担となります。

そこで、お願いです。

下記ページもあわせてご覧ください。

このページの先頭へ

「大規模水道管凍結被害(2018年)」のトップへ