2014年8月18日〜22日、佐渡島(新潟県 佐渡市)で開催

対馬市(長崎県)対馬島

チーム名対馬ヤマネコボーイズ
チーム人数18人

自治体PR

対馬市は九州最北端、日本海の西側に位置する南北(82㎞)に細長い島で、福岡県の博多まで海路138㎞に対して、韓国の釜山まではその半分以下の49.5㎞の近さにある国境の島です。
島の89%が山林に被われ、国の天然記念物に指定されている原始林も残っており、島の中央部の浅茅湾は、リアス式海岸の特徴を顕著にあらわし、大小無数の入り江と島々からなるその姿は対馬の代表的な景勝地となっています。
また、国の天然記念物である「ツシマヤマネコ」をはじめ、大陸の流れをくむ生物が数多く生息しており、「対馬」には雄大な自然と永遠の神秘が今も息づいています。

人口:33,250人(平成26年5月1日現在)
ホームページ

チームPR・意気込み

第1回大会から参加しているものの、過去最高位は第2回、3回のベスト4であり、昨年も残念ながら2回戦で敗退しましたが、キャッチボールクラシックでは見事優勝し、一矢報いることができました。
今年は悲願である決勝進出を果たすため、例年より早くメンバーを招集し、限られた時間の中、努力を重ねてきました。
島内4チームから選抜された精鋭一丸となり「つしまヂカラ」を発揮し、一戦一戦を大事に、そして楽しくプレーするとともに、野球への情熱、大会に参加できる感謝の気持ち、礼節を大切に、本大会に臨みます。

グーグルマップで見る

参加チームの一覧へ戻る