2014年8月18日〜22日、佐渡島(新潟県 佐渡市)で開催

南種子町(鹿児島県 熊毛郡)種子島

チーム名南種子中学校
チーム人数18人

自治体PR

輝かしい歴史と豊かな自然に恵まれた南種子町は,古くは鉄砲伝来,現在は科学技術の最先端をゆく我が国唯一の実用衛星打ち上げ基地の町です。
一年中極上の波を求めて全国各地からサーファーも訪れる他、海岸線にも無数の洞窟や潮の満ち引きによって現れるプライベートビーチなど、魅力的なポイントがたくさんあります。
また、国史跡「広田遺跡」からは、古代のアクセサリーが四万四千点以上出土したことから、琉球と種子島の文化交流を物語る遺跡として脚光を浴びています。
南国の温暖な気候が育てた海の幸、山の幸の特産品も絶品です。

人口:5,993人(平成26年5月1日現在)
ホームページ

チームPR・意気込み

世界で最も美しいロケット基地「種子島宇宙センター」がある南種子町からやって来た南種子中学校です。第2回大会から参加させていただき、今年で6回目となりました。私たち南種子中学校野球部は、三年生9人、二年生10人、一年生5人の計24人で活動しています。今年の目標は、昨年のベスト8以上と、他県の離島の中学生と交流することで、お互いのふるさとのよさを確かめ合うことです。このすばらしい大会を創ってくださった村田兆治さんをはじめ、大会に携わるすべての方々と、参加させていただいた南種子町長さんをはじめとする町民の皆様に感謝の気持ちを込め、全力でプレーします。

グーグルマップで見る

参加チームの一覧へ戻る