メニューをスキップしてタイトルへ



市町村財政比較分析表

[平成18年度:2006年度]決算の概要(5ページ中:4ページ目)

2008年7月30日、掲載

企画財政部 財政課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

財政比較分析表

7種類の指数をまとめたレーダーチャート。各指数については次以降の項目を参照のこと。

類似団体とは、人口や産業構造等によって全国の市町村を35のグループに分類した結果、佐渡市と同じグループに属する団体を言います。上記レーダーチャート中の佐渡市の数値は、類似団体の平均を100としたときの比率です。

以下、レーダーチャート中の指数について、詳しくご説明します。

このページの先頭へ

財政力

財政力指数:0.29

次の表を視覚化した画像
佐渡市0.29
全国市町村平均0.53
新潟県市町村平均0.53
類似団体内最大値1.68
類似団体内平均値0.69
類似団体内最小値0.27
類似団体内順位
(48団体中)
47位

分析

類似団体と比較した場合、平均値の0.69を大きく下回っている。これは人口の減少や全国平均を上回る高齢化率(平成18年度末35.3%)に加え、長引く観光産業の低迷による市税の減収等、財源確保が厳しい状況にあることが要因として挙げられる。今後は、人件費の削減、民間活力の活用、投資的経費の抑制等、歳出の徹底的な見直しを実施し、財政の健全化を図る。

このページの先頭へ

財政構造の弾力性

経常収支比率:87.3%

次の表を視覚化した画像
佐渡市87.3%
全国市町村平均90.3%
新潟県市町村平均88.5%
類似団体内最大値99.2%
類似団体内平均値86.9%
類似団体内最小値69.5%
類似団体内順位
(48団体中)
15位

分析

類似団体と比較した場合、平均値を若干上回っている。人件費に係るものが32.8%と依然として高い水準にあるため、定員適正化計画による職員数の削減や事務事業の見直し等、経常経費の削減に努める。

このページの先頭へ

公債費負担の健全度

実質公債費比率:14.8%

次の表を視覚化した画像
佐渡市14.8%
全国市町村平均15.1%
新潟県市町村平均17.1%
類似団体内最大値23.4%
類似団体内平均値16.3%
類似団体内最小値9.4%
類似団体内順位
(48団体中)
17位

分析

普通交付税合併算定替の影響により、標準財政規模が大きいことや、交付税算入の影響で類似団体平均を若干下回っている。今後も交付税措置のある起債を活用することにより、現在の水準を維持する。

このページの先頭へ

将来負担の健全度

人口1人当たり地方債現在高:851,958円

次の表を視覚化した画像
佐渡市851,958円
全国市町村平均456,703円
新潟県市町村平均498,215円
類似団体内最大値856,174円
類似団体内平均値422,456円
類似団体内最小値172,415円
類似団体内順位
(48団体中)
47位

分析

合併特例事業により発行額が増加したことや、人口の減少等により類似団体平均を大きく上回っている。後年度負担の動向を見極め、事業の選択と集中により、普通建設事業の抑制に努める。

このページの先頭へ

給与水準の適正度(国との比較)

ラスパイレス指数:90.4

次の表を視覚化した画像
佐渡市90.4
全国市平均97.9
全国町村平均93.9
類似団体内最大値102.0
類似団体内平均値96.3
類似団体内最小値90.0
類似団体内順位
(48団体中)
2位

このページの先頭へ

定員管理の適正度

人口1,000人当たり職員数:19.02人

次の表を視覚化した画像
佐渡市19.02人
全国市町村平均7.82人
新潟県市町村平均9.40人
類似団体内最大値19.02人
類似団体内平均値8.40人
類似団体内最小値5.80人
類似団体内順位
(48団体中)
48位

分析

市の面積が広大で、支所・出張所を多く配置しなければならないことや、保育園・老人ホームを直営で運営していることから、類似団体平均を大きく上回っている。組織機構改革や事務事業の見直しによる効率化により、適切な定員管理に努める。

このページの先頭へ

人件費・物件費等の適正度

人口1人当たり人件費・物件費等決算額:230,070円

次の表を視覚化した画像
佐渡市230,070円
全国市町村平均116,701円
新潟県市町村平均137,019円
類似団体内最大値230,070円
類似団体内平均値120,766円
類似団体内最小値87,686円
類似団体内順位
(48団体中)
48位

分析

類似団体平均に比べ高くなっているのは、主に人件費が要因となっている。これは平成16年3月に10市町村が合併し、それぞれの職員を引き継いだことによるもので、今後は、民間でも実施可能な部分については、指定管理者制度の導入等により委託化を進め、コストの低減を図っていく。

(ここでいう「人件費・物件費等」は、人件費・物件費・維持補修費の合計。ただし人件費には事業費支弁人件費を含み、退職金は含まない)

このページの先頭へ

「決算の概要(平成18年度:2006年度)」の目次へ