メニューをスキップしてタイトルへ



[平成23年度]上半期の財政執行状況

2011年12月13日、掲載

企画財政部 財政課 予算係(0259-63-3114)


一般会計

平成23年度の一般会計予算は、464億円でスタートしましたが、9月補正を含む5回の補正などにより9月末の予算現額は、543億6,802万円(前年度同期比:5.5%増)となっています。

歳入の収入済額は245億4,432万円(前年度同期比:1.1%減)で、収入率は45.1%(前年度同期:48.2%)となっています。このうち市の主要な財源である市税収入済額は29億4,168万円(前年度同期比:0.2%増)で収入率は54.8%(前年度同期:54.0%)となっています。

歳出の支出済額は180億2,550万円(前年度同期比:0.9%増)で執行率は33.2%(前年度同期:34.7%)となっています。

歳入、歳出(目的別)の執行状況内訳は表のとおりです。

歳入

予算現額
543億6,802万円
収入済額
245億4,432万円
(単位:万円)
区分予算現額収入済額収入率
市税536,400294,16854.8%
地方譲与税60,00015,93026.6%
地方消費税交付金60,00034,07756.8%
自動車取得税交付金20,0002,39512.0%
地方特例交付金10,04210,042100.0%
地方交付税2,184,0951,630,51374.7%
分担金及び負担金40,91715,01036.7%
使用料及び手数料77,19132,19341.7%
国庫支出金467,56891,72319.6%
県支出金421,57331,3057.4%
繰越金270,956270,956100.0%
市債1,100,80500.0%
その他の歳入187,25526,12013.9%
5,436,8022,454,43245.1%
注釈
その他の歳入
利子割交付金、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、ゴルフ場利用税交付金、国有提供施設等所在市町村助成交付金、交通安全対策特別交付金、財産収入、寄附金、繰入金、諸収入。

市税の内訳(収入済額と構成比)

(単位:万円)
区分収入済額構成比
市民税83,52128.4%
固定資産税166,30056.6%
軽自動車税20,0326.8%
市たばこ税20,9927.1%
入湯税3,3231.1%
294,168100.0%
前表をグラフ化した画像

歳出

予算現額
543億6,802万円
支出済額
180億2,550万円
(単位:万円)
区分予算現額支出済額執行率
議会費27,97515,08853.9%
総務費680,061228,95033.7%
民生費975,489391,48940.1%
衛生費635,281129,93120.5%
農林水産業費448,187100,74722.5%
商工費224,216127,42056.8%
土木費496,91289,49118.0%
消防費215,63893,92443.6%
教育費890,040239,80126.9%
災害復旧費93,44725,60527.4%
公債費735,718359,01748.8%
その他の歳出13,8381,0877.9%
5,436,8021,802,55033.2%
注釈
その他の歳出
労働費、諸支出金、予備費。

市民一人あたりの負担状況

(単位:円)
区分予算現額収入済額
市民税33,12813,249
固定資産税42,77326,379
軽自動車税3,2003,178
市たばこ税4,8233,330
入湯税1,163527
注釈
  • 平成23年9月30日現在の人口63,042人で計算しています。

基金・市債の状況

(単位:円)
区分総額市民一人あたり
基金(市の貯金)16,874,997,378267,679
市債(市の借金)49,855,028,505790,822
注釈
  • 平成23年9月30日現在の人口63,042人で計算しています。

上半期の主な事業

予防接種事業

子どもの疾病予防や重篤化防止を図り、子育てしやすい環境を作るため、予防効果が高いといわれる子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンの接種費用の全額助成のほか、インフルエンザ接種費用の一部助成を行っています。

生物多様性保全推進事業

平成23年6月に北京で開催されたGIAHS国際フォーラムにおいて、日本で初めてGIAHS(世界重要農業資産システム)に登録されました。今後、農業振興だけでなく観光振興のきっかけとしても期待されています。

大学発政策提言事業

佐渡の課題を解決するために、島外からの若い目線による解決策の提案を受け、これを事業化する「大学発佐渡夢プロジェクト」を実施しています。全国から22件の応募があり、審査の結果、4件の提案について、平成24年度からの事業化に向けて検討しています。

特別会計

特別会計は、特定の事業を行う場合に一般会計と区分して経理する会計で、国民健康保険特別会計など12会計があります。

(単位:万円)
会計名予算現額収入済額支出済額収入率執行率
国民健康保険715,580310,706299,04243.4%41.8%
後期高齢者医療72,75233,96823,84846.7%32.8%
介護保険736,568341,994306,08446.4%41.6%
簡易水道177,29920,22039,81611.4%22.5%
下水道350,34747,546126,40713.6%36.1%
ケーブルテレビ26,22410,54612,15640.2%46.4%
歌代の里49,28219,76821,78340.1%44.2%
すこやか両津58,53821,61726,47436.9%45.2%
その他(財産区)2,68573252727.3%19.6%

公営企業会計

公営企業会計は、民間企業と同じような経営をしている事業で、病院事業会計、水道事業会計があります。

(単位:万円)
会計名収入支出
予算現額収入済額収入率予算現額支出済額執行率
病院事業収益的252,012119,07047.2%247,940111,73245.1%
資本的15,3795,40635.2%19,4158,42843.4%
水道事業収益的135,52060,86344.9%127,43433,82226.5%
資本的145,9251940.1%212,79954,55425.6%

関連ページ

このページの先頭へ

「予算・決算・監査」のトップへ