メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

安心・安全なまちづくりについて

[平成17年度:2005年度]主要事業と各予算の概要(16ページ中:14ページ目)

2005年4月、発表

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

(1)防災体制の充実

新規

防災施設整備事業

33,999千円

新市建設計画にある防災行政無線の整備については、平成18年からの3カ年事業の計画となっていたが、その整備が急を要することから、1年前倒しによりその実施設計に着手し、平成19年の完成を目指す。また、災害時における物資の調達を図るため、備蓄倉庫を整備する。

新規

防災対策事業

14,773千円

災害発生時に住民、職員及び関係機関が的確な防災対策を講じられるよう、総合防災訓練を実施する。

「防災体制の充実」に関連する施政方針

このページの先頭へ

(2)消防体制の充実

継続

消防団員報酬の統一化

64,740千円

前年比16,728千円増

合併特例事業継続

消防防災施設整備事業

354,049千円

合併により4消防本部を1消防本部に統合し、総合的かつ効果的な消防・救急業務を運営するため機能的な位置に、通信指令施設・訓練塔を兼ね備えた消防本部、並びに分遣所を建設する。事業期間:平成16年度〜19年度

合併特例事業新規

消防団被服整備事業

42,000千円

合併に伴い消防団員2,014名分の活動服を新基準の活動服に統一する。

継続

小型動力ポンプ付水槽車更新

33,000千円

現有車両の耐用年数経過による更新。配置場所:中央消防署

継続

緊急広報連絡車

3,200千円

現有車両の耐用年数経過による更新。配置場所:南佐渡消防署

継続

消火栓整備事業

43,330千円

簡水・上水・下水道工事に伴う消火栓新設・移設・取替整備。

「消防体制の充実」に関連する施政方針

このページの先頭へ

(3)救急業務の充実

継続

救急医療病院群輪番制運営費補助

35,079千円

佐渡総合病院・両津病院・相川病院の救急病院に対する補助

このページの先頭へ

(4)交通事故防止対策

継続

交通安全施設整備事業

17,884千円

このページの先頭へ

(5)防犯体制の充実

継続

街路灯関係

48,784千円

このページの先頭へ

(6)港湾の充実

継続

港湾事業負担金

12,500千円

このページの先頭へ


関連ページ

「主要事業と各予算の概要(平成17年度:2005年度)」の目次へ