メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

確かな行政サービスについて

[平成20年度:2008年度]主要事業の概要(11ページ中:10ページ目)

2008年10月10日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 行政改革について
  2. 人材育成について

1 - 行政改革について

新規

地籍図管理システム整備事業

担当:情報政策課

予算:44,089千円(19年度予算:0千円)

地籍図の電子データ化やシステムの統合を図ります。

継続

財産管理事業

担当:防災管財課

歳入:44,043千円(19年度:20,022千円)
歳出:28,490千円(19年度予算:48,000千円)

市が所有する財産(土地、建物等)の存続、譲渡、処分、廃止等の検討を進め、行政運営の効率化と民間活力の活用を図ります。

継続

行政評価システム構築事業

担当:行政改革課

予算:4,000千円(19年度予算:6,335千円)

継続

新佐渡戦略会議

担当:企画振興課

予算:657千円(19年度予算:1,299千円)

市の政策的事項や専門的事項について、民間的な感覚を導入することにより、効率的かつ効果的でわかりやすい行政運営に関しての意見・提言等を求めます。

「行政改革について」に関する施政方針

このページの先頭へ

2 - 人材育成について

継続

職員研修経費

担当:総務課

予算:15,647千円(19年度予算:18,000千円)

「人材育成について」に関する施政方針

このページの先頭へ


関連ページ

「主要事業の概要(平成20年度:2008年度)」の目次へ