メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

成長力強化戦略事業-2:観光等交流人口の拡大

[平成22年度:2010年度]主要事業の概要(8ページ中:3ページ目)

2010年6月7日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. おもてなしの向上
  2. 世界遺産登録の推進
  3. 観光資源の整理と活用
  4. 交流人口の拡大

1. おもてなしの向上

継続

佐渡検定(佐渡観光推進戦略会議)

予算額:2,010千円

佐渡の良さを再認識することで地域への愛着心の向上を図るとともに、全国の人々に金山に代表される歴史や文化、トキの舞う豊かな自然を知っていただくため、「佐渡観光・文化検定」の充実を図ります。また、島民全体が知識を習得することによって、おもてなしの向上に努め、佐渡ファンの拡大と誘客につなげます。

3月補正

佐渡おもてなし向上事業

予算額:10,533千円

トイレの快適性や観光案内看板の利便性向上のための整備を行います。

その他の事業

  • (継続)姉妹都市等交流事業(再掲):10,044千円

「おもてなしの向上」に関する施政方針

このページの先頭へ

2. 世界遺産登録の推進

継続

世界遺産文化財指定事業

予算額:106,952千円

世界遺産登録の前提条件である構成資産の国文化財指定・選定を目指し、金銀山関連の文化財の調査・研究を行うとともに、これらの保存整備の実施に向けて「保存管理計画」を策定します。

継続

世界遺産登録推進事業

予算額:6,998千円

世界遺産構成資産の国文化財指定・選定に向けた同意形成を進める協議・調整と、関連資産の補足調査を行います。

その他の事業

  • (継続)世界遺産普及啓発・情報発信事業:5,922千円

「世界遺産登録の推進」に関する施政方針

このページの先頭へ

3. 観光資源の整理と活用

新規

観光資源利活用補助(佐渡観光PR事業)

予算額:3,000千円

島内固有の観光資源を、集落が自らの創意工夫で発掘または再生を図る取組みを支援します。

3月補正

原生林等トレッキングコース整備事業

予算額:163,280千円

観光等交流人口の拡大を図るため、原生林周辺の環境の整備やトレッキングコースの整備を行います。

新規

佐渡ナチュラルツアー開発調査事業(佐渡観光PR事業)

予算額:8,971千円

島内固有の観光資源であるトレッキング(原生林含む)、トキ、コブダイを中心に、「山・里・海」のありのままの姿を観光客が気軽に体験・観察できる仕組みづくりを行います。

新規

集落コミュニティ受入調査(着地型ツーリズム整備事業)

予算額:4,100千円

集落に受け継がれてきた芸能や産業、地形や歴史など地域の資源を活かし、交流人口の拡大と地域の活性化を図ります。そのため、集落のコミュニテイを活用した教育プログラムの整備や民泊受入れの調査などを行い、教育旅行の誘致につなげます。

新規

ジオパーク推進事業

予算額:2,001千円

自然遺産が豊かな島である「佐渡」を、国内はもとより広く世界に紹介できるよう、大学などの関係機関との連携を図りながら、ジオパークの国際認定を得るための準備を進めます。

継続

トキ関連施設整備事業

予算額:231,983千円

市民や観光客にトキと触れあう機会を提供するため、自然に近いケージの中のトキを間近に観察できるように工夫した「トキふれあい施設」を整備します。また、トキ保護に対する理解や「トキとの共生ルール」などの普及啓発を進めます。

継続

佐渡産品再生戦略事業(再掲)

予算額:6,093千円

その他の事業

  • (新規)小木直江津航路利用促進補助(航路対策事業):32,300千円
  • (継続)両津港埠頭地区開発事業:15,500千円
  • (継続)特区・地域再生事業(地域・ふるさと振興事業):1,510千円
  • (継続)3市連携事業(観光振興対策事業):12,190千円
  • (継続)イベント補助(観光振興対策事業):38,500千円
  • (継続)都内物産展等(佐渡観光誘客支援事業):24,144千円
  • (新規)モニターツアー(佐渡観光PR事業):6,210千円
  • (継続)IT情報発信と案内機能の充実(佐渡観光推進戦略会議事業):3,900千円
  • (継続)魅力あるイベントと情報発信(佐渡観光推進戦略会議事業):5,610千円
  • (継続)フィルムコミッション事業:1,480千円
  • (継続)まちづくり交付金事業:162,368千円

「観光資源の整理と活用」に関する施政方針

このページの先頭へ

4. 交流人口の拡大

新規

大学生によるツアープラン(着地型ツーリズム整備事業)

予算額:3,413千円

提携大学などの大学生による佐渡周遊を行い、「女子大生の視点」を幅広く取り入れながら佐渡の魅力や受入れのための改善点などを集約し、「大学生(若者)向けツアープラン」などの商品化につなげます。

新規

集落コミュニティ受入調査(着地型ツーリズム整備事業)(再掲)

予算額:4,100千円

継続

島暮らし体験(交流居住・定住促進対策事業)

予算額:1,450千円

農林水産業体験や釣り・登山などの体験、また、公共施設を利用した短期滞在体験を通して、U・Iターン希望者を募集し、多様な担い手として定住につなげます。

新規

インターンシップ支援事業(企業支援対策事業)

予算額:1,153千円

企業が求める優秀な人材を確保するために、大学生などのインターンシップの受入れを支援し、企業の活性化と若者定着による地域の活性化を図ります。

新規

コールセンター誘致支援事業(企業支援対策事業)

予算額:809千円

雇用機会の創出と地域の活性化を図るために、企業誘致活動を実施します。特に、佐渡の立地条件に適合した「コールセンター」の誘致を推進します。

継続

人材育成支援事業(コールセンター研修会)(労働諸費)

予算額:6,500千円

厳しい雇用情勢の中で失業者の雇用創出を図るために、緊急雇用創出事業を活用した職業訓練を行い就業に結びつけます。具体的取り組みとして、コールセンターでの就業を目的とした人材育成事業として研修会を行います。

継続

地場産品販売促進事業(佐渡産品再生戦略事業)(再掲)

予算額:23,267千円

その他の事業

  • (継続)情報誌えール(交流居住・定住促進対策事業):8,271千円
  • (継続)空き家情報システム等(交流居住・定住促進対策事業):2,252千円
  • (継続)姉妹都市等交流事業(再掲):10,044千円
  • (継続)国際交流事業:745千円
  • (継続)合宿・修学旅行等誘致事業:6,696千円
  • (継続)ふるさと里帰りキャンペーン事業:808千円
  • (継続)友好交流パス事業:2,623千円
  • (継続)子ども農山漁村交流事業:4,000千円
  • (継続)外国人旅行客誘致事業:23,244千円
  • (新規)佐渡トキマラソン大会(佐渡国際スポーツ大会事業):10,000千円

「交流人口の拡大」に関する施政方針

このページの先頭へ

「主要事業の概要(平成22年度:2010年度)」の目次へ