メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

成長力強化戦略事業-3:交通インフラの整備

[平成22年度:2010年度]主要事業の概要(8ページ中:4ページ目)

2010年6月7日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 航空路の整備
  2. 佐渡航路の充実
  3. 島内公共交通体系の整備

1. 航空路の整備

継続

促進協議会負担金等(空港対策事業)

予算額:12,000千円

災害時の物資、人員、輸送拠点の「備え」および産業の活性化のため、佐渡空港の滑走路2千メートル化は不可欠であり、早期の事業化に向けて県や関係機関に対する働きかけを強化します。また、地権者をはじめ、広く市民から事業に対するご理解をいただき、島民の一体感の醸成を図ります。

継続

離島航空路確保対策補助金(空港対策事業)

予算額:32,054千円

現在休止となっている佐渡〜新潟便の早期の再開を目指します。

「航空路の整備」に関する施政方針

このページの先頭へ

2. 佐渡航路の充実

その他の事業

  • (新規)小木直江津航路利用促進補助(航路対策事業)(再掲):32,300千円
  • (継続)航路活性化協議会負担金(航路対策事業)(再掲):5,325千円

「佐渡航路の充実」に関する施政方針

このページの先頭へ

3. 島内公共交通体系の整備

その他の事業

  • (継続)運行費補助金(生活交通確保対策事業):189,000千円
  • (継続)活性化協議会負担金(生活交通確保対策事業):22,127千円

「島内公共交通体系の整備」に関する施政方針

このページの先頭へ

「主要事業の概要(平成22年度:2010年度)」の目次へ