メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

4:安全・安心な地域づくり

[平成24年度:2012年度]主要事業(骨格予算)の概要(8ページ中:5ページ目)

2012年3月2日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 地域力の向上
  2. 消防防災・救急体制の整備
  3. 医療・福祉・介護体制の整備

1. 地域力の向上

継続

自主防災組織育成補助金(防災対策事業)

予算額:3,500千円

自主防災組織の結成を促進し、結成後の基礎づくりと活発な活動を支援するために、資機材の購入費補助及び活動費の補助を行います。

継続

佐渡市まちづくりモデル地区支援事業(島づくり一般経費)

予算額:30,000千円

特徴ある古い町並みが残る地区の良好な景観を保全することで、当該地区の活性化を図り、地域の賑わいを創出することを目的に、二見・松ヶ崎・赤泊の3地区の取り組みを支援します。

継続

佐渡おこしチャレンジ事業補助金(地域・ふるさと振興事業)

予算額:20,000千円

" 地域住民が自発的・主体的に取り組む地域づくり活動等(ソフト事業)を支援します。 "

継続

コミュニティ助成事業補助金(地域・ふるさと振興事業)

予算額:10,000千円

集落等のコミュニティ団体が行う、お祭り用具等コミュニティ活動に必要な備品の整備を支援します。

継続

公民館分館施設等整備支援事業(公民館施設管理事業)

予算額:50,000千円

公民館分館施設等の円滑な活動を支援するため、施設の改修に要する経費に対し補助金を交付します。

このページの先頭へ

2. 消防防災・救急体制の整備

継続

(継続費)緊急情報伝達システム屋内整備事業

予算額:864,100千円

既設のケーブルテレビ回線を活用して、FM告知方式による片方向の通信システムを構築するために、センター設備工事、受信端末整備工事等を行います。災害などの緊急時における情報を一斉配信し、防災体制の強化を図ります。

継続

救急救命対策事業

予算額:5,529千円

救急医療の高度化等に対応するため、救急救命士を育成するとともに、救命率向上を図るため救急救命士が行う応急処置の知識、技術を医学的観点から維持・向上させる体制の整備を図ります。また、普通救命講習を通じて応急手当の普及啓発を行います。

継続

消防防災施設・設備整備事業

予算額:27,977千円

災害による被害の軽減を図るため消防団の活動拠点となる消防団機械器具置場を建築します。また、機動力強化のため小型動力ポンプ軽積載車等を配備します。

継続

消防救急無線デジタル化整備事業

予算額:56,039千円

電波法の改正に伴い、通信方式をこれまでのアナログ方式からデジタル方式に移行します。

このページの先頭へ

3. 医療・福祉・介護体制の整備

継続

地域福祉推進事業

予算額:8,300千円

地域における支え合いの仕組みづくりのために実施する見守り活動や、地域の交流等の地域福祉事業に対して助成を行います。また、災害時や地域づくりのためのボランティア活動の推進やボランティアセンター・ステーションの機能拡充のために助成します。

継続

障害者外出支援事業

予算額:27,563千円

" 重度心身障害者の外出支援のためにタクシー利用料の一部を助成します。また、心身障害者通所援護事業所等への通所に必要なバス利用料の一部助成や、人工透析を受けている方等が通院医療を受けるための交通費の一部を助成し、経済的負担の軽減を図ります。 そのほか、新たな取組みとして、精神障がい者の訪問看護利用に係る交通費負担の一部助成等を実施し、経済的負担の軽減を図ります。

継続

地域生活支援事業

予算額:50,574千円

障がいのある方の地域生活等に必要なサービス利用等に係る相談支援・利用調整を行います。また、自宅での入浴サービスの実施や、障がい児等の日中や放課後の見守りを行うことで、在宅生活の支援や家族の介護負担の軽減を図ります。そのほか、重度の障がい者(児)の円滑な日常生活に必要な用具を給付します。

新規

発達障害児支援事業

予算額:3,979千円

発達障がいの適切な支援体制を整備し、乳幼児期(就学前)の早期発見・早期療育等のきめ細かな支援を行います。

継続

資格取得支援事業補助金(老人福祉一般経費)

予算額:1,430千円

介護福祉士及び訪問介護員等の資格取得に必要な受験料・受講料・旅費等の一部(経費の1/2、上限5万円)を助成することで、資格取得を助長し就労意識を高めます。また、介護現場の人材不足の解消と雇用の場の確保を図ります。

継続

安全安心地域推進事業

予算額:3,650千円

医療・福祉・介護の拠点づくり推進のため、平成23年度に引き続き新潟大学と連携して、安全・安心な地域づくりの手法を構築します。平成24年度は、モデル地域での支え合い意識の醸成をより推進・拡大し、地域住民主体での事業展開を進めます。

継続

看護師等就業定着支援補助金(医師・看護師等確保対策事業)

予算額:2,880千円

看護師の確保対策として、島外出身の看護職員及び島外で勤務する看護職員の島内での就業定着を図ることを目的に、住居費の一部を補助し生活の支援を行います。

継続

介護雇用プログラム事業(雇用促進の支援事業)

予算額:24,315千円

求人ニーズが高い介護福祉士の不足に対応するため、介護福祉施設等において失業者を雇用し、介護補助業務に従事させるとともに介護福祉士養成機関で修学させ、介護資格の取得ができるよう支援します。

このページの先頭へ

「主要事業(骨格予算)の概要(平成24年度:2012年度)」の目次へ