メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

5:次世代を担う人材育成

[平成24年度:2012年度]主要事業(骨格予算)の概要(8ページ中:6ページ目)

2012年3月2日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 子育ての支援
  2. 次世代の教育
  3. 佐渡活性化のための人材育成

1. 子育ての支援

継続

出会いサポート事業

予算額:1,455千円

少子化の大きな要因である未婚化や晩婚化の流れを変えるため、独身男女の出会いの場を創出することで結婚促進を図ります。

継続

保育所整備事業

予算額:16,218千円

平成25年4月に完全民営化を目指すため、真野第1保育園及び双葉保育園の施設整備を行い、民間事業者が運営に窮することのないようにします。

継続

相川保育施設等整備事業

予算額:281,698千円

相川保育園の保育環境を改善するとともに、多様な保育サービスに対応するため、園舎の移転新築に向けて既存施設の解体工事と園舎建設に係る設計業務を実施します。

継続

ひとり親家庭等在宅就業支援事業

予算額:62,200千円

ひとり親等を対象に、職業訓練・業務開拓・斡旋を一体的に行います。家庭と仕事の両立を図りやすい在宅就業の環境整備を行うことにより、経済的な自立を支援します。

継続

子どもの居場所づくり創設事業(次世代育成支援対策事業)

予算額:2,500千円

親子や親同士、子ども同士が気軽に集える場所としての「子どもの居場所」を整備することにより、子育てに対する不安や負担の軽減と児童の健全育成を図ります。また、併せて地域の子育て力の向上を推進します。

継続

子育てエンジョイカード事業(次世代育成支援対策事業)

予算額:435千円

18歳未満の子どもを2人以上養育している保護者に、協賛店舗での買い物の際に割引等のサービスを受けられるカードを交付します。子育て家庭の経済的負担の軽減を図るとともに、地域で子育てを支援する機運の醸成を図ります。

継続

子育て支援センター運営事業(次世代育成支援対策事業)

予算額:8,600千円

乳幼児及びその保護者を対象に、親子の交流の場として子育て支援センターを設置します。交流の促進、育児相談・援助の実施、地域の子育て関連情報の提供等を行い、育児の不安・負担の解消を図ります。

継続

放課後児童クラブ運営事業(児童館・学童保育運営事業)

予算額:28,899千円

放課後児童対策の一環として、放課後児童クラブを市内9か所で運営し、児童の健全育成と保護者の仕事と子育ての両立を支援します。

継続

すこやかな妊娠・出産事業

予算額:46,753千円

安全・安心な妊娠・出産が出来る環境を整備するため、妊婦健康診査・妊婦歯科健康診査の公費負担による支援や、助産師による母子訪問指導に取り組みます。

継続

特定不妊治療費助成事業(すこやかな妊娠・出産事業)

予算額:1,500千円

妊娠を望む夫婦への支援策として、特定不妊治療に要する費用の一部を助成し、治療に伴う経済的負担の軽減を図ります。

継続

子どもの健康を守る任意予防接種助成事業(予防接種事業)

予算額:48,132千円

子どもの疾病予防や重篤化防止を図り、子育てしやすい環境をつくるため、予防効果が高いといわれる子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンの接種費用の全額を助成します。また、インフルエンザ感染による重篤化防止を図り、子育てしやすい環境をつくるため、子どものインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。

このページの先頭へ

2. 次世代の教育

継続

総合教育センター事業

予算額:17,244千円

確かな学力を付け、夢と誇りを持って自立する人づくりを目指し、教職員の指導力向上を図ります。

新規

奨学金貸与事業

予算額:19,802千円

経済的な理由により就学困難な者の支援を実施します。教育の機会均等を図るとともに、本市の発展に資する有能な人材を育成するため、奨学金を無利子で貸与します。

継続

総合学習支援事業(小学校総合学習支援事業)

予算額:8,945千円

小学校において、郷土を愛し夢と誇りを持つ教育を推進するため、地域人材を活用して佐渡特有のトキ等の自然、佐渡金銀山等の歴史、佐渡おけさ等の伝統文化を学ぶ佐渡学を充実します。また、職場体験等のキャリア教育を推進し、将来を担う人材を育成します。

継続

総合学習支援事業(中学校総合学習支援事業)

予算額:4,237千円

中学校において、郷土を愛し夢と誇りを持つ教育を推進するため、地域人材を活用して佐渡特有のトキ等の自然、佐渡金銀山等の歴史、佐渡おけさ等の伝統文化を学ぶ佐渡学を充実します。また、職場体験等のキャリア教育を推進し、将来を担う人材を育成します。

このページの先頭へ

3. 佐渡活性化のための人材育成

継続

人材育成事業補助金(地域・ふるさと振興事業)

予算額:2,000千円

教育文化、福祉及び産業の分野において活躍する指導者の育成を目的として、先進地視察・研修等に参加するための経費の一部を補助します。

継続

専門学校支援事業

予算額:6,888千円

就学意欲があるにもかかわらず、経済的な理由により佐渡市が誘致した学校への就学が困難な者に対して、入学金と学費の5分の4を上限とする奨学金を貸与し、佐渡市の活性化に資する人材育成を図ります。

継続

インターンシップ支援事業(企業支援対策事業)

予算額:1,565千円

企業が必要とする優秀な人材を確保するため、インターンシップ(就業体験)を実施し、受け入れ企業に対して支援を行います。

継続

地場産業育成事業

予算額:3,000千円

地場産業の育成のため、企業が実施する人材育成経費、見本市出展経費及び国際規格認証取得などにかかる費用の一部を支援します。

このページの先頭へ

「主要事業(骨格予算)の概要(平成24年度:2012年度)」の目次へ