メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

地域資源を活かした産業の育成と雇用の拡大

[平成25年度:2013年度]事業の概要(10ページ中:2ページ目)

2013年5月2日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次
  1. 農林水産業の振興
  2. 商工業の振興

1. 農林水産業の振興

継続

佐渡版戸別所得補償(水田経営安定対策事業)

予算額:65,460千円

担当:農林水産課

生物多様性の実施者に対して、労働費を含めた生産費と販売金額を補填することにより、担い手の育成・確保を図ります。また、ビオトープ、江の設置型調整水田への取り組みを支援することにより、トキの餌場としての不作付地改善の達成を図ります。

新規

一等米比率向上支援事業(水田経営安定対策事業)

予算額:1,000千円

担当:農林水産課

100人規模の地元農家を活用した栽培技術を地域の農家に情報発信とアドバイスをすることで品質向上を図ります。

継続

販売網構築事業

予算額:16,505千円

担当:農林水産課

安定した認証米のニーズ確保と、GIAHSを通した認証米や里山の価値を発信することを目的に、米穀店において消費者との店頭交流イベントを実施します。また、認証米の販売促進と合わせて「佐渡の食材(加工品など)」を提案するなど、販売支援による取扱店舗の拡大と米穀店との新たなネットワークづくりを進めます。

継続平成25年度重点事業

島の応援団推進事業

予算額:12,203千円

担当:産業振興課

佐渡市が抱える最重要課題の一つである「産業振興」「人口減少の歯止め」を解決するために、行政とともに自ら課題解決に取り組む意欲のある者が協働・連携して、解決策の企画・実証に取り組み、成功事例を創出して、地場産業・地域経済の活性化を促進します。特に、地域産業に関わる方々(経営者・従業員の方々)や将来佐渡を担う若者を対象に研修機会の拡大を図り、『人財』育成・『人財』発掘事業を積極的に行います。

拡大平成25年度重点事業

集落営農・担い手支援事業

予算額:60,530千円

担当:農林水産課

新規就農者(予定者含む。)に対して、農地・栽培技術・機械などの支援を行う個人・農業生産法人等を支援し、新規就農者の初期投資の軽減を図ります。また、地域農業システムづくりのモデル集落を選定し、集落の実情に即した経営体の育成や地域農業の仕組みづくりをする集落を支援します。

拡大平成25年度重点事業

生物多様性戦略推進事業

予算額:41,543千円

担当:農林水産課

生物多様性の保全推進及び里山の活用を目指し、中山間地域農業の振興を図るため、佐渡棚田協議会を中心とした棚田サポーター制度の創設や、都市と農村の交流プログラムを作成します。また、豊かな景観を育んでいる棚田等で収穫される米について、高付加価値化を図ることで農業経営の安定化につなげます。地域おこし協力隊員の採用を積極的に行い、外部の視点から既存地域資源の有効活用による特産物の掘り起こし等を図りながら、農業農村、集落への支援を行います。

新規平成25年度重点事業

地産地消生産拡大支援事業

予算額:5,675千円

担当:産業振興課

直売所等の出荷が困難な農家を支援する庭先集荷の仕組みを作ります。また、佐渡を訪れる観光客に佐渡産牛肉や豚肉、ノドグロ、マグロなどを提供する体制を整備します。

継続

地産地消推進事業

予算額:6,424千円

担当:産業振興課

生産者と消費者を結びつけるため、地産地消フェスタやトラック市等を開催します。また、地産地消の啓発として多くの市民が活用できるように地産地消ホームページの充実を図ります。

3月補正

産地水産業強化支援事業(水産振興事業(経済対策))

予算額:162,500千円

担当:農林水産課

製氷施設を整備し、島内産の氷を安定的に供給することにより、氷価格の低下、鮮度保持を重視した佐渡産水産物の提供を目指します。

新規平成25年度重点事業

地域資源活用調査・実証事業

予算額:22,252千円

担当:農林水産課

環境と経済の好循環、地場産業・雇用の創出、エネルギーの地産地消を推進するため、森林資源を有効に活用し、持続可能な地域資源活用の事業化について調査を行います。また、籾殻を固形燃料化し化石代替燃料として利用することで、化石燃料使用の軽減と温室効果ガス排出の削減に取り組むとともに、その焼却灰や生ごみ堆肥を農業資材として利用するための実証事業を行います。

新規

循環型農法実証事業(水田経営安定対策事業)

予算額:933千円

担当:農林水産課

佐渡産の原料を活用した農法の有効性を実証し、有効な方法の実用性についてもあわせて検証します。

継続平成25年度重点事業

新エネルギー導入事業

予算額:32,640千円

担当:環境対策課

エコアイランド推進のため、温室効果ガスの削減と環境に配慮した低炭素農法等、農林水産物の販売ブランド力向上につなげる一環として、自然エネルギーの活用及び低公害車等の普及促進を図ります。また、電気自動車、PHV車、太陽光発電設備等の導入に伴う補助事業等を行います。

拡大平成25年度重点事業

事業系生ごみ対策(リサイクル推進事業)

予算額:3,404千円

担当:環境対策課

クリーンセンターに可燃ごみとして持ち込まれ焼却処理されている事業系の生ごみを分別持込みしてもらい、堆肥化し資源化することにより可燃ごみの減量化・資源化の普及促進を図ります。

「農林水産業の振興」に関する施政方針

このページの先頭へ

2. 商工業の振興

新規平成25年度重点事業

起業チャレンジ支援事業(雇用対策官民協働委員会事業)

予算額:15,000千円

担当:産業振興課

産業振興と雇用拡大を図るため、地域資源を活用した起業又は新分野への進出を対象とした事業に対して補助金を交付します。

新規平成25年度重点事業

新製品開発等支援事業(雇用対策官民協働委員会事業)

予算額:9,000千円

担当:産業振興課

中小企業者が、新技術・新商品等開発による積極的な事業展開により、産業の活性化と雇用の確保を推進する事業に対して補助金を交付します。

継続平成25年度重点事業

地場産業育成事業

予算額:2,000千円

担当:産業振興課

地場産業の振興のため、中小企業が実施する人材育成経費、見本市出展経費及び国際規格認証取得などにかかる費用の一部を支援します。

新規平成25年度重点事業

佐渡みやげ リ・パッケージ事業(企業支援対策事業)

予算額:2,060千円

担当:産業振興課

佐渡産みやげの販売拡大を目指し、大学と連携して佐渡産みやげのパッケージの改善や開発をモデル的に実施して商品への付加価値化を推進します。

継続平成25年度重点事業

島の応援団推進事業(再掲)

予算額:12,203千円

担当:産業振興課

拡大平成25年度重点事業

若者U・Iターン就職支援事業(雇用促進の支援事業)

予算額:5,600千円

担当:産業振興課

企業側からの専門的職種の人材ニーズの高まりを受け、大学等を卒業した若者のU・Iターンによる就職を促進するために、島内企業就職面接会への参加旅費支援や島内企業への就職のために本市に移住定住した者に対し奨励金を交付し、島外からの若者就職者の拡大を図ります。また、市内企業等が島外で開催される大学等合同企業説明会への参加費等を助成し、人材確保を支援します。

継続平成25年度重点事業

資格取得支援事業補助金(老人福祉一般経費)

予算額:2,555千円

担当:高齢福祉課

介護福祉士及び訪問介護員等の資格取得に必要な受験料又は受講料及び旅費の一部(経費の2分の1、上限5万円)を助成することにより、資格取得を促進し、就労意識を高めます。また、介護職場の人材不足の解消と雇用の場の確保を図ります。

継続

働く資格取得支援事業(雇用促進の支援事業)

予算額:1,500千円

担当:産業振興課

中小企業の育成振興及び失業者等の再就職の促進を図るため、必要な資格を取得するための費用に対し補助金を交付します。

新規

雇用実態調査事業(雇用促進の支援事業)

予算額:2,333千円

担当:産業振興課

新潟県緊急雇用創出基金事業を活用し、市内の事業所や求職者及び市民に対して雇用実態アンケート調査を行い、雇用に関する諸課題の整理と施策の基礎資料を作成し、効果的な事業に結び付けます。

「商工業の振興」に関する施政方針

このページの先頭へ

「事業の概要(平成25年度:2013年度)」の目次へ