メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

災害に強い島づくり

[平成25年度:2013年度]事業の概要(10ページ中:5ページ目)

2013年5月2日、掲載

財務課 予算係(0259-63-3114)

継続

(継続費)緊急情報伝達システム屋内整備事業

予算額:480,000千円

担当:総務課

災害等の緊急時の情報を市内全域に一斉配信するために、既存のケーブルテレビ回線を活用したFM告知方式による伝達システムを構築します。前年度に引き続き、受信端末等の設置工事を行います。

継続

緊急情報伝達システム屋外整備事業

予算額:743,000千円

担当:総務課

災害等の緊急時における市民への情報伝達を行う手段として構築する緊急情報伝達システムの情報伝達力を向上させるため、市内全域にサイレン機能を主とした屋外拡声器を設置します。

拡大

ハザードマップ作成事業

予算額:50,000千円

担当:総務課

災害時における被害を最小限にとどめるために、土砂災害をはじめ洪水、津波等の災害種類に応じた危険箇所を表示したハザードマップを地域ごとに作成して、市内全世帯及び事業所等に配布します。

新規平成25年度重点事業

地域防災リーダー育成事業(防災対策官民協働委員会事業)

予算額:10,200千円

担当:総務課

防災士養成研修を実施して、その修了者及び防災士資格取得者を「地域防災リーダー」として認定・登録します。各地域に配置して活動させることにより、地域防災力の向上を図ります。

新規平成25年度重点事業

自主防災組織訓練奨励金交付事業(防災対策官民協働委員会事業)

予算額:3,000千円

担当:総務課

自主防災組織の結成を促進し、結成後の基礎づくりと活動の活性化を支援するために、資機材の購入費及び啓発等の活動費の助成を行うとともに、自主的な防災訓練を実施する組織に対して奨励金を交付します。

3月補正

耐震診断調査事業

予算額:55,022千円

地震の際の建築物の倒壊等による被害の軽減を図るため、市有施設の耐震診断を実施します。

3月補正

社会資本整備総合交付金事業(道路ストック総点検(経済対策))

予算額:60,000千円

担当:建設課

事前防災・減災対策として、橋りょうやトンネルを始めとした道路等の総点検を実施し、緊急的な補修など必要な対策を講じます。

継続

耐震診断改修事業

予算額:2,450千円

担当:建設課

地震被害を軽減し、災害に強いまちづくりを推進するため、木造一戸建て住宅の耐震診断及び耐震改修に要する経費に対して補助金を交付します。

継続

(継続費)消防救急無線デジタル化整備事業

予算額:678,172千円

担当:消防本部

電波法の改正に伴い、通信方式をこれまでのアナログ方式からデジタル方式に移行します。通信時の秘匿性の向上等による個人情報保護を図り、データ転送により確実かつ効率的な消防救急活動を実施します。

3月補正

耐震性貯水槽整備事業(経済対策)

予算額:37,324千円

担当:消防本部

消防水利の充足率向上を図るため、耐震性貯水槽設置工事を実施します。

「災害に強い島づくり」に関する施政方針

このページの先頭へ

「事業の概要(平成25年度:2013年度)」の目次へ