メニューをスキップしてタイトルへ



(旧)佐渡消防本部の沿革

合併前:平成16年2月以前

2009年10月1日、掲載

消防本部(0259-51-0119)

平成16年

2月

佐渡消防事務組合消防団解団式

佐渡市中央消防団団結式

3月1日
合併により、佐渡市消防本部・中央消防署となる

平成15年

3月
高規格救急自動車購入配備

平成12年

4月
救助隊員増員(兼務)30人

平成11年

3月
畑野町松ヶ崎地区緊急情報システム竣工
11月
松ヶ崎地区緊急情報システムいこいの村佐渡増設工事竣工

平成10年

3月
30メートル級はしご付消防ポンプ自動車購入配備

平成5年

2月
救助工作車II型購入

平成3年

4月
特別救助隊員増員(兼務)27人

平成2年

4月
特別救助隊員増員(兼務)25人

昭和63年

4月
特別救助隊員増員(兼務)23人

昭和62年

4月
特別救助隊員増員(兼務)22人

昭和60年

4月
特別救助隊員増員(兼務)21人

昭和59年

9月
特別救助隊員増員(兼務)14人

昭和58年

4月
救助隊発足。隊員(兼務)10人
12月
認定工場竣工

昭和53年

4月
消防業務の執行体制を強化するため署に課制を敷く

昭和51年

9月
屈折はしご付消防ポンプ自動車16メートル級購入

昭和47年

3月10日
消防本部、本署の新庁舎竣工移転
8月10日
消防署北・南支所新庁舎竣工移転

昭和46年

4月1日

佐渡消防事務組合設立 (佐和田町・金井町・畑野町・真野町・新穂村)

消防本部・消防署発足。12人で業務開始

9月
消防本部、本署新庁舎建設はじまる

このページの先頭へ

「組織・施設・統計」のトップへ