メニューをスキップしてタイトルへ



各河川における浸水想定

2011年6月22日、掲載

総務課 防災危機管理室 防災安全係(0259-63-5135)

浸水想定区域とは、それぞれの対象河川において、対象降雨によるはん濫が引き起こす浸水状況をシミュレーションして求めたものです。

ただし、次の要因等のために、浸水想定区域外でも浸水が発生する場合や、想定水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

シミュレーションの前提

以下、シミュレーションの対象河川・対象降雨・基準(シミュレーションの前提となる現況)の一覧です。

国府川水系(国府川ほか12河川)

対象河川
二級河川 国府川水系(国府川、竹田川、藤津川、小倉川、中津川、大野川、長谷川、何代川、新保川、地持院川、洞丸川、帆柱川、行谷川)
対象降雨
おおむね70年に1回程度起こる大雨(流域の1日間総雨量:220ミリメートル)

石田川

対象河川
二級河川 石田川(河口〜沢口橋付近まで、約6.1キロメートル)
対象降雨
おおむね20年に一回程度起こる大雨(流域の1時間総雨量:47.2ミリメートル)

羽茂川

対象河川
二級河川 羽茂川(河口〜下川茂地先まで、約18.6キロメートル)
対象降雨
おおむね50年に一回程度起こる大雨(流域の24時間総雨量:26ミリメートル)

このページの先頭へ

「防災関連情報」のトップへ戻る