メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

佐渡が、日本ジオパークに認定されました

2013年9月24日、掲載

教育委員会 社会教育課 ジオパーク推進室(0259-23-2101)

本日9月24日、日本ジオパークネットワークへの佐渡の加盟が認定されました。

ジオパークとは、「ジオ」と「パーク」を合体させた造語です。いわば「大地の公園」。これまでに糸魚川や磐梯山などの地域が「日本ジオパーク」に認定されており、ついに佐渡もその仲間入りを果たしました。

この認定は、単なる景観の保護を目的としたものではありません。ジオパークとは、自然を愛し観光客を受け入れ、地域を活性化するものです。佐渡もガイドの養成やツアーの実施などの実績を重ね、近い将来の「世界ジオパーク」認定をめざしていきます。

注釈
  • 今回、佐渡のほかに三陸や四国西予など7地域が認定され、日本ジオパーク認定地域は合計32地域(世界認定6地域を含む)になりました。

佐渡ジオパーク推進協議会 甲斐元也 会長(佐渡市長)からのコメント

本日、佐渡が日本ジオパークネットワークへの加盟できたことを、大変うれしく思います。佐渡に育まれた大地と自然、歴史文化の素晴らしさがジオパークとして認められた結果であり、また、推進に協力いただいた市民の皆様や、佐渡を愛する人々全ての活動の成果が評価されたことが加盟につながったと思います。

今後は世界ジオパークの認定を目指し、佐渡ジオパークを活用しながら、市民や児童生徒が佐渡に誇りを持ち、各地から訪れる観光客の皆様に、佐渡の新たな一面を見出していただき、地域振興や人材育成につなげる努力を続けます。

一方で佐渡は、世界遺産GIAHSを推進しており、ジオパークを含め3つのプロジェクトが連携しながら、佐渡の魅力を世界にアピールする取組を進めます。

これまでご尽力をいただきました皆様へ厚くお礼を申し上げますとともに、今後は市民をはじめとする多くの方々から、佐渡ジオパークに関心をお寄せいただき、推進に益々のご協力を賜ることをお願いいたします。

ご参考: これまでの経過と、将来の目標

平成22年佐渡市教育委員会内に、ジオパーク準備室設置。
平成23年4月同社会教育課内に、ジオパーク推進室設置。
平成23年5月佐渡ジオパーク推進協議会、設立。
平成25年4月日本ジオパーク委員会に、日本ジオパークネットワーク加盟申請書を提出。
平成25年5月幕張メッセにて、公開プレゼンテーション。
平成25年7月31日・8月1日日本ジオパーク委員会から派遣された3名の審査員による現地審査。
平成25年9月24日日本ジオパークネットワークに加盟。(日本ジオパークに認定)
平成25年10月15日隠岐で開催される「第4回日本ジオパーク全国大会」にて、認定証を授与。(予定)
平成27年度世界ジオパークネットワークに申請。(予定)
平成28年度世界ジオパーク認定。(目標)

下記リンク先もご覧ください。

このページの先頭へ

「2013年7〜9月の新着情報」へ