メニューをスキップしてタイトルへ



遺族基礎年金

2007年3月23日、掲載


遺族基礎年金

国民年金の加入者が亡くなったときに支給されます。申請が必要です。

受給対象
死亡当時に生計を維持されていた子のある配偶者、または、18歳になった年の年度末までの子(1・2級の障がい者であれば20歳未満)
受給条件
死亡者が、死亡日の前々月までの1年間に保険料の滞納していないこと。または、死亡日までの加入期間の3分の2以上、保険料を納めていること。
必要書類等
死亡者の年金手帳、印鑑、戸籍謄本、世帯全員の住民票、受給対象者の預貯金通帳など

詳しくは窓口までお問い合せください。

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「お別れ」のトップへ