メニューをスキップしてタイトルへ



種類と分別方法

2016年3月19日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2016年3月19日、ごみ収集カレンダー・分別表に、平成28年度ごみ収集カレンダー(地区別のゴミ収集カレンダー)を掲載しました。
  • 2016年1月7日、使用済小型家電を掲載しました。また、燃えないごみを修正しました。
  • 2015年5月21日、廃プラスチック(資源ごみ)の分別方法が変わりました。(4月から)
本ページの目次

燃えるごみ

紙くず、木製品、布、皮革類、「その他プラスチック」などです。

燃えるごみの例:木製小物 燃えるごみの例:貝殻 燃えるごみの例:はき物 燃えるごみの例:おむつ(汚物はトイレへ) 燃えるごみの例:カセットテープ・ビデオテープ・CD 燃えるごみの例:使い捨てカイロ・乾燥剤・保冷剤 燃えるごみの例:衣類 燃えるごみの例:ロープ・ホース(1メートル以下に切断) 燃えるごみの例:生ごみ(必ず水切りを) 燃えるごみの例:植木の枝(太さ5センチ以下、長さ50センチ以下)

「その他プラスチック」の例

このページの先頭へ

燃えないごみ

金属類、ガラス類、陶磁器類などです。

燃えないごみの例:フライパン 燃えないごみの例:なべ・やかん 燃えないごみの例:陶磁器 燃えないごみの例:かさ 燃えないごみの例:化粧品のびん 燃えないごみの例:一斗缶 燃えないごみの例:ガラスコップ 燃えないごみの例:使い捨てライター(必ず使い切って)

使い捨てライターは、使い切るか「ガス抜き」してから出してください

使い捨てライターをガス抜きする際は、輪ゴムや粘着力の強いテープで、押し下げたままのレバーを固定する
  1. 風通しのよい屋外で周囲に火の気のないことを確認し、操作レバーを押し下げます。「シュー」という音がすれば、ガスが噴出しています。(聞こえない場合は、炎調整レバーをプラス方向へいっぱいに動かしてください)
  2. 輪ゴムや粘着力の強いテープで、押し下げたままのレバーを固定してください(写真参照)。そのまま、半日〜1日、放置します。
  3. 念のために着火操作をして、火が着かなければ、ガス抜きは完了です。

このページの先頭へ

粗大ごみ

家具、寝具類、自転車、大型家電(家電リサイクル対象物を除く)などです。

粗大ごみの例:ストーブ 粗大ごみの例:机 粗大ごみの例:一輪車 粗大ごみの例:ふとん 粗大ごみの例:マットレス 粗大ごみの例:ソファー 粗大ごみの例:たんす 粗大ごみの例:自転車 粗大ごみの例:原動機付自転車

特殊な粗大ごみ

燃えないパイプ状の物
1束につき、径20センチメートル・長さ2.0メートル以内に処理して出してください。
燃えない板状の物
1枚につき、横1.2メートル・縦2.0メートル・厚さ2ミリメートル以内に処理して出してください。

パソコン・家電リサイクル対象物

パソコンや家電リサイクル対象物(エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、テレビ、洗濯機・衣類乾燥機)は出せません。家庭用パソコン家電リサイクル対象物のページをご覧のうえ、リサイクルしてください。

このページの先頭へ

資源ごみ

廃プラスチック、缶・びん、ペットボトル、古紙、使用済乾電池、使用済小型家電に区別されます。

廃プラスチック

「プラ」マーク

プラスチック製の容器や包装物です。「プラ」マークが目印です。

その他の物は、プラスチック製であっても「燃えるごみ」になります。

  • 集積所に設置されている緑のネット袋へ入れてください。ネットの目からこぼれる細かい物は、大きな袋等に入れて出してください。
  • 容器などは、中身を使い切って乾かしてから出してください。汚れている場合は、軽く水ですすいでから布などでふき取ってください。
  • きれいにならない物は、燃えるごみとして出してください。
  • 容器や包装物以外の物(プラスチック製の物や、分解・解体してプラスチックだけになった部分)は燃えるごみとして出してください。
  • 金属や紙などの異物などが混入している物は対象外です。(プラスチックとの複合品で判断に迷う場合は、燃えないごみとして出してください。

廃プラスチックの例:チューブ 廃プラスチックの例:ボトル 廃プラスチックの例:袋 廃プラスチックの例:フィルムラベル 廃プラスチックの例:パック 廃プラスチックの例:トレイ 廃プラスチックの例:ふた 廃プラスチックの例:カップ 廃プラスチックの例:緩衝材・発泡スチロール 廃プラスチックの例:錠剤の容器(裏の銀色シートははがさなくても可)

このページの先頭へ

缶(アルミ缶・スチール缶)・びん

缶・びんの例:アルミ缶・スチール缶 缶・びんの例:スプレー缶 缶・びんの例:のり・お茶の缶 缶・びんの例:飲料・食品用びん等 缶・びんの例:飲み薬用びん 一升瓶・ビール瓶などは販売店へお返しください

このページの先頭へ

ペットボトル

「PET1」マーク
  • 飲料用・しょうゆ・酒類用PETボトルです。「PET1」マークが目印です。
  • かるくすすいで、ふたとラベルをとり、集積所に設置されている緑のネット袋に入れてください。スーパーやコンビニに設置されている「拠点回収ボックス」もご利用になれます。
  • ふたとラベルは廃プラスチックとして出してください。

ペットボトル

このページの先頭へ

古紙

新聞紙

折込チラシ等で新聞紙と同じ紙質の物も含みます。持ちやすい重量にまとめ、ほどけないようにヒモ等でしっかりと十文字に縛ってください。

チラシ

ホチキスで留めていない物に限ります。コピー用紙・事務用紙も含みます。持ちやすい重量にまとめ、ほどけないようにヒモ等でしっかりと十文字に縛ってください。

段ボール

開いてから持ちやすい重量にまとめ、ほどけないようにヒモ等でしっかりと十文字に縛ってください。

牛乳パック

すすぎ洗いをし、開いて乾かしてから、ほどけないようにヒモ等でしっかりと十文字に縛ってください。

雑誌(雑がみ)

包装紙厚紙ホチキスで留めた物雑誌紙箱(お菓子の箱など)紙袋ハガキ封筒カタログ書籍辞典教科書・ノートカレンダー

古紙として出せない物

下記の紙類は、燃えるごみとして出してください。

ビニールコート紙防水加工紙裏カーボン紙油紙感熱紙写真ワックス加工品感熱発泡紙ノーカーボン紙

このページの先頭へ

使用済乾電池

使いきった乾電池は、回収ボックスへ出してください。回収ボックスは市役所(本庁舎・各支所・各行政サービスセンター)、ホームセンター、スーパー、電気店等に設置しています。

充電乾電池は、購入した販売店に引き取ってもらってください。

このページの先頭へ

使用済小型家電

下記の物は市で無料回収しています。

回収する小型家電の例:携帯電話 回収する小型家電の例:パソコン(ブラウン管式を除く) 回収する小型家電の例:デジタルカメラ 回収する小型家電の例:CD・MDプレーヤー 回収する小型家電の例:カーナビ 回収する小型家電の例:電話機 回収する小型家電の例:電卓

回収できない物

処理方法

電池は抜き、個人情報等が含まれるものはあらかじめデータを削除して、袋や箱から出して下記へお持ちください。

回収ボックス

回収ボックスに投入できるサイズ(おおむね縦15㎝×横35㎝×奥行20㎝以下)の小型家電に限ります。回収ボックスは下記の各所に設置しています。

クリーンセンター

ごみ処理施設(両津クリーンセンター、佐渡クリーンセンター、南佐渡クリーンセンター)で、小型家電のサイズにかかわらず回収しています。

このページの先頭へ

有害ごみ

有害ごみには、蛍光管と水銀入体温計があります。有害ごみ取扱店または各クリーンセンターで回収しています。(1個につき30円の手数料が必要です)

割れたものは「燃えないごみ」として出してください。蛍光管は微量な水銀が含まれており、故意に割ると少なからず人体や環境に悪影響を与えますので、割らないようにしてください。

このページの先頭へ

引き取れないごみ

以下のごみは、市では引き取りません。販売店または処理業者へ、処理を依頼してください。

廃油塗料農薬毒物劇物建設廃材産業廃棄物医療廃棄物その他

また、パソコンや家電リサイクル対象品(エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、テレビ、洗濯機・衣類乾燥機)は、ごみとしては出せません。家庭用パソコン家電リサイクルのページをご覧のうえ、リサイクルしてください。

このページの先頭へ

ごみ収集カレンダー・分別表

各戸配布済の資料です。

ご参考:過去の分別方法

平成20年度以前の「種類と分別方法」です。

このページの先頭へ

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「ごみ・廃棄物」のトップへ