メニューをスキップしてタイトルへ



療養費

国保で受けられる給付と、申請方法

2016年1月4日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2016年1月4日、様式「国民健康保険療養費支給申請書(兼支給決定伺)」を差し替えました。
  • 2011年8月12日、郵便局で発行された「世帯主名義の通帳」でも申請できるようになりました。

療養費

以下のような場合、国保の審査で必要と認められれば、かかった費用の7〜8割が支給されます。申請が必要です。

申請方法

医療機関ではいったん全額を自己負担する必要があります。その後、市役所の窓口で申請してください。

申請期間
費用を支払った日の翌日から2年以内
申請用紙
国民健康保険療養費支給申請書(兼支給決定伺)(PDF・約10キロバイト)
必要書類等
領収書、医師による証明書、国民健康保険証、印鑑、世帯主名義の通帳
給付内容
かかった費用の7〜8割の額
申請人
加入世帯の世帯主

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「国保・国民年金」のトップへ