メニューをスキップしてタイトルへ



国民年金制度・被保険者

国民年金のあらまし

2017年11月1日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2017年11月1日、「被保険者の種類」の「任意加入」を一部変更しました。
本ページの目次

国民年金制度

国民年金とは、主として老齢・障害・死亡時などに年金を支給する社会保障制度で、日本に3種類ある公的年金のひとつです(ほかの2種類は、「厚生年金」「共済組合」)。老齢になったときは「老齢基礎年金」、障害者になったときは「障害基礎年金」、遺族になったときは「遺族基礎年金」を受け取ることができます。

国内に住所のある20〜60歳の人は国民年金に加入し、保険料を国に支払う義務があります。(厚生年金などの加入者は自動的に国民年金にも加入しています。国民年金の保険料は厚生年金保険料などに含まれています)

被保険者の種類

強制加入

国内に住所のある20〜60歳の人は、次の3種類のいずれかに加入しなければなりません。

第1号被保険者
自営業者、農林漁業者、学生、無職の方などで、厚生年金や共済組合の未加入者
第2号被保険者
厚生年金や共済組合の加入者
第3号被保険者
第2号被保険者の扶養となっている配偶者

任意加入

強制加入に該当しない方であっても、以下に該当する方はご希望により加入することができます。詳しくは窓口までお問い合せください。

国民年金の種類

国民年金には次のように各種の年金があります。受け取るためには申請が必要ですので、受給対象となった方は各リンク先ページをご覧のうえ申請してください。

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「国保・国民年金」のトップへ