メニューをスキップしてタイトルへ



その他のサービス

高齢者福祉

2007年3月23日、掲載
2012年1月26日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
本ページの目次

高齢者・障害者向け住宅整備補助事業

高齢者や障がい者の身体状況に適するように住宅を改造等される際、費用の一部を補助します。ただし、世帯全員の収入額が600万円以上の場合は対象となりません。また、全面的な建替工事も対象となりません。

対象
  • おおむね65歳以上で、介護保険の要介護・要支援の認定を受けた方。
  • 身体障害者手帳1・2級の交付を受けた方。
  • 療育手帳Aの交付を受けた方。
対象工事
  • 居室・廊下・トイレ・浴室・玄関等の改造
  • 段差解消機・階段昇降機の設置
  • ホームエレベーターの設置

補助金額

区分補助率高齢者障がい者
補助基準額 300,000円500,000円
生活保護世帯100%300,000円500,000円
所得税非課税世帯75%225,000円375,000円
その他の世帯50%150,000円250,000円

補助対象経費が「補助基準額」を下回った場合は、その金額に「補助率」を乗じた額が助成額となります。

緊急通報サービス事業

在宅のひとり暮らし高齢者等の方を対象に、緊急通報装置をレンタルします。急病や災害などの緊急時に迅速かつ適切に対応できる体制を作り、高齢者の方が安心して生活できる環境を整備します。

対象

身体上・環境上の理由のために日常生活に不安をお持ちの下記いずれかに該当する方

  • 65歳以上の在宅のひとり暮らしの方
  • 65歳以上の高齢者のみの世帯
  • ひとり暮らしの重度身体障がい者の方
利用者負担
1月あたり200円。(生活保護世帯については無料になります)

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「介護保険・高齢者福祉」のトップへ