メニューをスキップしてタイトルへ



児童扶養手当

ひとり親家庭等の福祉

2017年8月9日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ
  • 2017年8月9日、児童扶養手当法の一部改正に基づき、支給金額が変更されました。(4月分から)
  • 2016年12月19日、児童扶養手当法の一部改正に基づき、支給金額が変更されました。(8月分から)
  • 2016年5月11日、児童扶養手当法施行令の一部改正に基づき、支給金額が変更されました。(4月分から)
  • 2016年1月20日、大幅に加筆しました。
  • 2015年4月21日、児童扶養手当法施行令の一部改正に基づき、支給金額が変更されました。(4月分から)
  • 2014年11月27日、児童扶養手当法施行令の一部改正に基づき、支給対象が拡大されます。(12月分(4月支給分)から)
  • 2014年3月17日、児童扶養手当法施行令の一部改正に基づき、支給金額が変更されます。(4月分(8月支給分)から)
  • 2013年12月27日、児童扶養手当法施行令の一部改正に基づき、支給金額が変更されました。(10月1日から)
  • 2012年4月1日、児童扶養手当法施行令の一部改正に基づき、支給金額が変更されました。

児童扶養手当

下記のようなお子様の父親・母親・養育者へ、児童扶養手当が支給されます。対象となるお子様は、18歳に達した日以降の最初の3月31日まで(一定以上の障害がある場合は20歳の誕生日の前日まで)です。所得制限等がありますので、詳しくは窓口でご相談ください。

注釈
父親
お子様を監護し、かつ、生計を同じくする方に限ります。
母親
お子様を監護している方に限ります。
養育者
お子様と同居し、生計を維持している方に限ります。
監護
「監督し保護する」こと。「お子様の面倒をみている」と、ほぼ同じ意味だとお考えください。

ただし、次のいずれかの場合は、手当は支給されません。

支給額と支給月

毎年8月・12月・4月に、4か月分を支給します。

児童の数全部支給(月額)一部支給(月額)支給停止
1人42,290円42,280〜9,980円0円
2人52,280円52,260〜14,980円0円
3人58,270円58,240〜17,980円0円
注釈
  • 請求者または配偶者と扶養義務者(同居している請求者の父母兄弟姉妹など)の前年の所得で判定します。(1月〜6月に申請する場合は、前々年の所得で判定)
  • 請求者と扶養義務者のうち一人でも所得制限額を超えた場合は、支給が停止されます。
  • 請求者または児童が公的年金を受給している場合は、手当額から年金額を差し引いた差額を支給します。

児童扶養手当をすでに受給されている方へ

毎年8月に現況届を提出してください

児童扶養手当を受給されている方(支給が停止された方を含む)は、受給資格を確認するため、毎年8月に現況届を提出する必要があります。毎年7月にご案内をお送りしますので、忘れずに提出してください。

なお、現況届を提出しなかった場合は、継続して手当を受けることができません。また、期限を過ぎて提出すると、手当の支給が遅れる場合がありますのでご注意ください。

届出が必要な場合

次のような場合には、必ず窓口に届け出てください。

  1. 氏名、住所、振込先口座が変更となる場合
  2. 婚姻、事実婚、児童を養育しなくなったなど、手当を受ける資格がなくなった場合
  3. 公的年金等を受給できる場合
  4. 養育する児童の人数が増減する場合
  5. 障がいなどの有期認定期間の期限が切れる場合
  6. 証書を紛失した場合
  7. 受給資格者が新たな扶養義務者と同居した場合、または、別居した場合
  8. 受給資格者や扶養義務者が、所得の修正申告等をした場合

マイナンバーが必要な手続き

2016年1月から、下記の手続きの際にはマイナンバーの記入と提示が必要となりました。

注釈
  • 佐渡市外で児童扶養手当を受給されていて、佐渡市へ転入し、引き続き児童扶養手当を受給される場合もマイナンバーが必要です。
必要なもの

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「社会福祉」のトップへ