メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

ご意見の概要と、佐渡市の考え方

佐渡市 地域公共交通網形成計画(案)

2015年6月23日、掲載

交通政策課 交通対策係(0259-63-3184)

提出者数
2名
意見数
2件
提出方法
持参1名、ホームページから入力1名

ご意見等(要約) 1

使い勝手(路線数や時間)よりも、運賃の低廉化が必要ではないか。社会実験として運賃を引き下げて利用者の動向を見てはどうか。

佐渡市の考え方

高齢者を対象とした運賃割引(200円)や観光客を主たるターゲットとした割安なフリー乗車券の販売並びに、昨年度からはじめた「バスの日」ワンコインバス(100円)の取り組みなど運賃割引による路線バスの利用促進を行っています。また、長距離区間については、上限820円として運賃の低廉化に努めております。

今後、これらの割引による利用促進効果をしっかりと検証し、利用しやすい公共交通の整備につなげたいと考えております。

ご意見等(要約) 2

相川地区を観光軸と位置づけ、佐渡金山周辺を周遊バス等により整備するとあるが、地元住民にも使われる割安感のある料金設定で利便性の向上を図ってもらいたい。

佐渡市の考え方

相川観光循環バスは観光客をターゲットに社会実験として実施していますが、今後、地域住民の声を聞きながら、多くの方から利用していただけるよう運行計画の検討を行いたいと考えております。

このページの先頭へ

「平成27年度募集分」のトップへ