メニューをスキップしてタイトルへ



行政評価

2014年11月1日、更新

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

本市は、佐渡市 将来ビジョンを実現するため行政評価システムを使い、有効な資源配分、業務改善を行い効果的、効率的な行政経営に取り組みます。

行政評価とは

「PDCAサイクル」の概念図

行政が行っている仕事の目的を明確にし、その目的を数値で表した目標(成果指標)を設定し、毎年達成、実施状況を把握し、見直し、改善をしていく仕組みです。

これまでの行政の仕事は、計画を立て、実施をするという流れの繰り返しでしたが、これからは、実施した内容(仕事、サービス)、結果がどのように市民へ影響しているか(成果)を検証・評価し、成果(市民の満足度)をあげるために手法の見直しや力を入れる仕事の選択をして翌年度の計画へ反映させるものです。

「計画(Plan)、実施(Do)、検証・評価(Check)、改善・改革(Action)」のマネジメントサイクル(PDCAサイクル)により行政の仕事を継続的に見直し、改善していくことで市民ニーズに即応した行政の活動へ結びつけます。

このページの先頭へ

行政評価の目的

効率的、効果的な行政経営

成果を重視した事業の選択、重点化を行い、限られた資源(人・物・金)を配分することにより効率的、効果的な行政経営を進めます。

職員の意識改革と政策形成能力の向上

職員自らが仕事の目的、市民の視点に立った目標を明確にし、目標の達成状況、コストを検証・評価することにより課題の分析、改善の方法を考え、次の計画へ活かしていく取り組みが、成果重視への意識改革、政策形成能力の向上に繋げます。

行政の透明性の向上と市民への説明責任(情報の共有)

行政が行う仕事の成果やコストを市民に公表することにより行政の透明性を高め、市民への説明責任を果たします。市民と行政の情報を共有することにより行政への参画、協働を促進します。

このページの先頭へ

行政評価の構成

佐渡市の行政評価システムは、事務事業評価、施策評価を実施します。

「総合計画」と「目的体系図」の関係

事務事業評価(花まる通信簿)

事務事業の目的を明確にし、目的、効果を数値化した目標(成果指標)を設定し、達成状況、実施状況を確認しながら、目的の妥当性、有効性、効率性の観点から評価し、課題を分析し、見直し改善を行うものです。

施策評価

注釈
  • 平成25年度以降、施策評価は実施していません。

政策推進に貢献するため手段となる施策の目的を数値化した目標(成果指標)を設定し、達成状況を確認するとともに、課題の分析、施策の重点化を行い資源配分する役割と施策を構成する事務事業の優先順位づけを行うものです。

このページの先頭へ

評価の基準

本市の評価は、前年度の実績を評価し、翌年度の計画に役立てる事後評価方式とします。

事務事業評価

評価指標により成果、コストの測定を経年で行い、現状を把握し、評価基準により課題の分析をします。

評価指標

成果指標
事務事業の目的、効果を定量的に表した数値です。目標数値を設定し、実績値との比較による達成状況、経年での測定を行います。
活動指標
行政が行ったことを定量的に表した数値です。計画数値を設定し、実績値との比較、経年での測定を行います。
直接事業費
事務事業にどれだけのコストを投入したか数値で表します。

評価基準

妥当性評価
事務事業の目的を明確にし、何を根拠に市が事業を行っているか検証します。また、事業を取りやめた場合の影響も検証します。
有効性評価
事務事業が、目標どおり期待した成果を上げているか、さらに上げる余地はあるか、類似の事業との統合などの可能性を検証します。また、上位の施策の目的達成に貢献しているかどうか検証します。
効率性評価
コストについての費用対効果、受益者負担等が適正か、さらにコストを下げる余地があるかどうか検証します。手段の見直し、民間活力の活用など手段の最適性についても検証します。

施策評価

注釈
  • 平成25年度以降、施策評価は実施していません。

評価指標により成果、コストの測定を経年で行い、現状を把握し、評価基準により課題の分析、構成する事務事業の分析、優先度を決めます。

評価指標

施策指標
(成果指標)
施策の目的、目標を定量的に表した数値です。施策指標は、達成状況や総合計画の進捗管理に使うとともに、市民への状況説明にも使います。
コストの推移
施策に投入した総コストを表します。

評価基準

有効性の評価
  1. 施策成果の達成度:
    施策指標の達成状況、見込みを過年度と比較し総合計画終期目標に対しての達成見込みを定性的に検証します。
  2. 施策成果向上の可能性:
    総合計画終期目標の達成の可能性、成果向上の可能性を検証します。
  3. 貢献度:
    上位施策、政策へ実施している内容、施策の成果が貢献しているか検証します。
構成する
事務事業の評価
  1. 貢献度:
    施策からみて各事務事業がどの程度の貢献度なのか絶対評価をします。
  2. 貢献度:
    方向:
    施策の観点から見て事務事業の方向性を決めます。
  3. 貢献度:
    優先度:
    施策の推進の観点から優先度(重要度)を4段階で相対評価します。

このページの先頭へ

評価体制

事務事業評価
事務事業担当課が自己評価を行います。
施策評価
1次評価は、施策担当課長等が関係部署と調整を行いながら評価します。
行政評価委員会
財政、佐渡市 将来ビジョン、行政改革担当部門で構成した委員会で施策評価2次評価を行います。
行政改革推進本部
行政評価委員会で行った評価結果をもとに翌年度の施策の方向性を決定します。評価の客観性を保つため外部アドバイザーに助言いただきます。

このページの先頭へ

評価の流れ

実施月 総合計画 予算編成 行政評価 組織編制
4月  事務事業評価 
5月    
6月    
7月   施策評価(1次)
8月重点施策決定 行政評価委員会
行政改革推進本部
 
9月 予算編成方針  
10月 予算要求 第1次職員数配分
11月    
12月 予算査定  
1月施政方針決定予算書作成 第2次職員数配分
2月  評価結果公表 
3月  事務事業整理 

前述の表を図式化した画像

注釈
  • 実施月はおおざっぱな目安であり、実際には当該月の前後に各作業を実行します。

このページの先頭へ

評価の公表

評価結果は、ホームページへ掲載し公表します。

このページの先頭へ

評価の活用

  1. 自己点検、業務改善へ活用
  2. 佐渡市 将来ビジョンの進行管理へ活用
  3. 予算編成へ活用
  4. 事務事業の整理、調整へ活用
  5. 組織見直し、人員配置へ活用

このページの先頭へ

「佐渡市行政改革」のトップへ