メニューをスキップしてタイトルへ



行政改革大綱

2013年12月27日、更新(具体的な更新内容)

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)

行政改革大綱

佐渡市将来ビジョンの見直し

本市の将来像を明確にするため、平成21年に佐渡市将来ビジョンを策定しましたが、策定から3年が経過したところで、目標と実態に乖離が生じ、合併後10年が経過した今、平成31年度の交付税増額の特例措置の終了を見据えた佐渡市の姿を改めて明確にするとともに、それに向けての行財政改革や成長戦略の再検討が必要となったため、平成25年12月に佐渡市将来ビジョンを見直しました。

第2次行政改革大綱は、平成22年3月「市民参画による行政経営の推進」を目標として策定し、行政改革に取り組んできたところです。本計画の推進期間や目標は、普通交付税の算定終了の平成31年度を見込んで策定されていたことから、「第3章 行政改革の指針」として上記の佐渡市将来ビジョンに継承しました。

このページの先頭へ

「佐渡市行政改革」のトップへ