佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
清水寺せいすいじ鐘楼しょうろうつけたり棟札むなふだ2枚)

指定種別(員数)建造物(1棟)
指定年月日平成26年3月27日
所在地佐渡市新穂大野
所有者または管理者清水寺

中門の南脇、石垣基壇上に建つ鐘楼である。方一間で四本柱からなる素朴な鐘楼であるが、虹梁に施された彫刻や蟇股の意匠は緻密で、蟇股の形状は近接する中門とよく似ている。また、本堂側の飛貫も意匠を凝らし、彫刻を施し唐破風形としてある。茅葺から桟瓦葺に葺き替えるなどの改修は施されているものの、天明5年(1785)建立の棟札が残っており、建築年の明らかな鐘楼では佐渡最古のものとみられている。

ページ先頭へ