佐渡の文化財

新潟県指定 有形文化財
おきな三番叟さんばそう絵扁額えへんがく三十六歌仙さんじゅうろっかせん絵扁額えへんがく

翁・三番叟扁額

指定種別(員数)絵画(20面)
指定年月日平成6年3月29日
所在地佐渡市市野沢
所有者または管理者実相寺

佐和田地区市野沢の実相寺に伝わる翁・三番叟と三十六歌仙人の扁額で、縦約42㎝、横約29㎝、桧材に胡粉下地を施した上に極彩色で丁寧に描かれている。

このうち、翁・三番叟は2面が現存し、それぞれ白色と黒色の尉面を着け、風をはらんで能楽を舞う姿が、効果的な彩色によって大らかに描かれている。裏面に「寛永元年九月三日 長谷川左近卅二歳筆」の墨書があり、寛永元年(1624)に長谷川等伯の三男左近により描かれたことがわかる。

一方、三十六歌仙は、残欠3面を含めて18面が現存する。各歌仙を左右2組に分け、各額面の幅一杯に拡がる上畳に座る歌仙各1人ずつが彩色で描かれ、上方の空間に歌仙名と歌一首が墨書されている。平兼盛、中務両額の裏面に見える「寛永元年十月二日 由次」の墨書から、翁・三番叟より1ヵ月遅れて描かれたことがわかり、その大きさや額装の様などから、一具として製作されたものと考えられる。翁・三番叟などとの筆致の違いから、左近本人ではなく、その周辺の画家の筆と推定されている。

いずれの扁額も左近ひいては長谷川派研究上、貴重な資料である。

ページ先頭へ