佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
当麻たいま曼荼羅まんだら仏図ぶつず

指定種別(員数)絵画(1幅)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市新穂瓜生屋
所有者または管理者円阿弥堂、新穂歴史民俗資料館管理

曼荼羅仏図とは、仏教の教理の体系を図示したものである。

この仏図は縦195㎝、横192㎝で、画面中央に阿弥陀三尊を描き、その周囲を多くの仏像などでかたどり、さらに周辺は極楽往生の教えを絵解きした構成となっている。

寛文年間(1661〜1673)頃に全国へ仏教を布教するために配布されたものと推測され、当時の宗教資料として貴重である。

ページ先頭へ