佐渡の文化財

新潟県指定 有形文化財
木造もくぞう不動明王ふどうみょうおう立像りゅうぞう木造もくぞう矜羯羅こんがら童子どうじ立像りゅうぞう

不動明王立像

矜羯羅童子立像

指定種別(員数)彫刻(2躯)
指定年月日昭和49年3月30日
所在地佐渡市長谷
所有者または管理者長谷寺

畑野地区長谷の長谷寺護摩堂に祀られている。制作年代はいずれも藤原時代と推定される。

「木造不動明王立像」は像高98.5㎝のヒノキ材一木造で、両眼を開き、左手に羂索(けんさく)、右手に剣を持っている。像容は肉付き温和で、衣文(えもん)が浅く簡潔に刻まれているのが特徴である。

「木造矜羯羅童子立像」は像高60.3㎝のヒノキ材一木造の小像で、不動明王の使者として制作されたものと思われる。両肩に髪を垂れ、面はやや左に傾け上を向き、体には裳を付け、腰を左にひねり、両足を開き、合掌する童形で筒契に刻まれている。姿態・表情ともに慎ましい趣であるのが特徴である。

ページ先頭へ