佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
木造もくぞう金剛こんごう力士りきし立像りゅうぞう

阿形像

吽形像

指定種別(員数)彫刻(2躰)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市久知河内
所有者または管理者長安寺

この両像はいずれもスギ材寄木造で、阿形像が像高258㎝、吽形像が像高259㎝となっており、像容はともに力強く躍動的で、慶派の作風を伝える逸品である。

両像とも制作年代は不明であるが、寺伝によると、文永8年(1271)に仁王像の存在がすでに記されており、さらに宝徳4年(1452)に仁王修理の文書が見つかっていることから、少なくとも鎌倉時代以前の作品であることが判明している。

この仏像は美術的にも優れた文化遺産として貴重である。

ページ先頭へ