佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
魚鼓ほう

指定種別(員数)工芸品(1)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市徳和
所有者または管理者東光寺

東光寺所有のこの魚鼓は、長さ160㎝、幅44㎝、胴周り112㎝で、外見からは素朴でユーモラスな印象を受ける。

魚鼓は木魚の原形とも言われる禅宗の僧具である。主に行事や法要、儀式の始まりを山内(お寺)の人々に報せるために打ち鳴らされるものであるが、この音を聞いた修行僧たちは自分に宿る「貪り」「怒り」「愚かさ」の三毒を浄化する意志を固め、日々の修行に励み、御仏の御前で始まる行事や儀式に参集するのだという。

この魚鼓は作者・制作年代とも不明であるものの、数百年前から伝わる古いものであり、現在も東光寺の本堂に備えられている。

ページ先頭へ