佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
大野おおの日吉ひよし神社じんじゃ元和げんな七年しちねん鰐口わにぐち

指定種別(員数)工芸品(1)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市新穂瓜生屋
所有者または管理者大野日吉神社、新穂歴史民俗資料館管理

かつて新穂大野の日吉神社にあったこの鰐口は、鼓面径33㎝、肩幅6.6㎝、鼓厚9.4㎝で、橦座(鼓面中央)には蓮華の陽刻があり、8枚の花弁に9個の蓮子(れんし=蓮の実)があしらわれている。

また、鰐口の銘には「佐州大野村上山王鰐口 本願土屋与三右衛門 元和七暦(1621)九月吉日 本願池清左衛門 本願河井□□□□」とあり、本願(願主)の3名は新穂大野の人で、その内「池清左衛門」は日吉神社神官の林家であると推測されている。

この鰐口は工芸品としての価値に加え、江戸時代初期の新穂大野と大野日吉神社の歴史を研究する上で貴重な資料である。

ページ先頭へ