佐渡の文化財

新潟県指定 有形民俗文化財
佐渡さど諏訪すわ神社じんじゃ能舞台のうぶたい

指定種別(員数)有形民俗文化財(1棟)
指定年月日平成9年3月28日
所在地佐渡市原黒
所有者または管理者諏訪神社

加茂湖を見下ろす松林の中の境内地に建つ能舞台で、社殿に向かって右側、参道に正面を向けた配置で、見所が十分にとれている。

現在の建物は、明治35年(1902)頃の建築・移築と伝えられ、本舞台は間口5.4メートル、奥行5.5メートル、切妻造桟瓦葺である。床板は本舞台と後座を縦と横に張り分け、天井は棹縁天井で鐘穴がある。後座になるところで水引(虹梁)があり、その上は板壁で天井は分節され、後座部分は鏡板へ向けてゆるい下り勾配の棹縁天井である。

また、鏡板には松の絵が描かれ、常設の間と地謡座があり、地謡座は下屋を出さずに舞台の屋根を延長している。橋掛りには架木のみの勾欄がつけられ、単独で鏡の間につながり、その背面は板壁である。切戸口は屋外に面して縁がつけられており、裏の通路は設けられていない。

過去の演能記録としては、文久3年(1863)の「文久三年社人届定能場」に記載がみられる。周囲に桜が多いことから、昭和20年代には花見能がしばしば行われていた。現在も演能は盛んで、毎年5月から10月にかけて薪能が度々上演される。

ページ先頭へ