佐渡の文化財

新潟県指定 有形民俗文化財
佐渡さど熊野くまの神社じんじゃ能舞台のうぶたい

指定種別(員数)有形民俗文化財(1棟)
指定年月日平成9年3月28日
所在地佐渡市新穂武井
所有者または管理者熊野神社

杉林を背景にして開けた境内に建つ能舞台で、参道正面には社殿があり、すぐその右手から橋掛りが延び、舞台につながっている。

現在の建物は明治2年(1869)に建築されたもので、本舞台は間口5.5メートル、奥行5.5メートル、正面入母屋造、背面切妻造、桟瓦葺である。床板は本舞台と、後座を縦と横に張り分け、天井は棹縁天井で鐘穴があり、後座部分は一段低く、鏡板に向けて下り勾配の天井である。

鏡板には松と竹の絵が描かれ、水引(虹梁)には舞台の古い呼称である「加具良殿」の4文字が1字ずつ彫られた4面の蟇股と、その上の肘木、さらに木鼻のついた三ツ斗組に装飾的な細部の意匠が見られる。また、地謡座は下屋を出し、架木の高さまで板壁になっており、一部は桟敷席となる。

演能の歴史は古く、最古の記録としては、『佐渡国略記』に宝暦元年(1751)の神事能が記されており、文久3年(1863)の「文久三年社人届定能場」にも記載が見られる。現在も6月に薪能が上演されている。

ページ先頭へ