佐渡の文化財

国指定 記念物
長者ヶ平ちょうじゃがだいら遺跡いせき

指定種別史跡
指定年月日昭和59年7月21日
所在地佐渡市金田新田
所有者または管理者個人蔵、佐渡市

遺跡は小木半島のほぼ中央部、標高約175メートルの丘陵上に広がっている。縄文時代前期〜後期初頭の集落遺跡で、多数の土器や石器などが検出され、住居跡・土壙(どこう=土抗)・配石遺構などが確認されている。

検出された出土品の内、縄文前期末〜中期中葉の土器の文様には東北・北陸・中部・関東の各地との交流や影響が顕著に認められ、佐渡が離島という特殊な環境下にあるもかかわらず、当時の人々が広範に活動していたことが推測できる。

なお、遺跡から出土した遺物群は収集され、現在は小木考古資料館に展示されている。

ページ先頭へ