佐渡の文化財

新潟県指定 記念物
藤塚ふじづか貝塚かいづか

指定種別史跡
指定年月日昭和43年3月29日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者佐渡市

真野新町の丘陵上にある貝塚で、古代人が残した貝殻や廃棄物が層をなして積もった遺跡のことである。ここは縄文時代中期〜後期初頭頃のものと推定されている。この遺跡は地下約2メートル地点に存在し、厚さ0.7〜1.5メートルの貝層が東西40メートル、南北60メートルにわたって分布している。

また、この貝塚では昭和41年(1966)と同42年に発掘調査が行われており、多数の貝殻や屈葬人骨、骨角器・須恵器・土師器などが出土している。この貝殻の多くは汽水産サドシジミ貝で、その他にハマグリやサトウガイなど浅海性のものも確認されている。

日本海側でも数少ない年代のものであり、貝塚研究において重要な遺跡である。

ページ先頭へ