佐渡の文化財

新潟県指定 記念物
下畑しもばた玉作たまつくり遺跡いせき

指定種別史跡
指定年月日昭和48年3月29日
所在地佐渡市畑野
所有者または管理者佐渡市教育委員会

年代は弥生中期初頭と推定されており、海抜4メートル前後の低地帯にある。遺跡面積は現在水田や畑地となっている土地を含め約290㎡に及ぶ。

この遺跡では昭和46年(1971)と同47年のニ度にわたって発掘調査が行われており、長さ4メートル前後の細長い形と長さ2メートル前後の小判形の2種類の土壙(どこう=土抗)が計5基確認されている。また、出土した石器は石鏃・石斧・環状石器などで、玉材は鉄石英・碧玉メノウ、玉工具は石鋸・石針・平砥石・柱状砥石・台石である。なお、自然遺物では桃の種・炭化米・胡桃(くるみ)などが検出されている。

弥生時代に細形管玉が製作された玉作遺跡の代表的遺例であり、当時の社会的背景を理解する上で重要である。

ページ先頭へ