佐渡の文化財

佐渡市指定 記念物
木野浦きのうら一里塚いちりづか

指定種別(員数)史跡(1基)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市木野浦
所有者または管理者個人蔵

小木地区木野浦にある塚は、相川と小木を結ぶ9里8町(約36㎞)の小木道中にあって、小木町一里塚と対をなすもので、高さ約1.5メートル、長径約5メートルである。塚の原形はすでに崩れ、塚の上にはシイの大木があり、その根元に石仏が埋もれている。

『佐渡年代記』によると、佐渡奉行所は承応2年(1652)に相川地区の相川羽田町札ノ辻を起点として、小木道中と赤泊道中の各所に一里塚を築かせている。この内、小木道中には中山・窪田・辰巳(佐和田地区)、渋手・中立・西三川(真野地区)、小泊・西方(羽茂地区)、小木の9ヵ所に一里塚があったとされる。

小木と相川を結ぶ街道には複数の一里塚が残されているが、いずれも旧相川街道の名残りを伝える貴重な史跡である。

ページ先頭へ