佐渡の文化財

国選定 重要文化的景観
佐渡さど西三川にしみかわ砂金山さきんざん由来ゆらい農山村のうさんそん景観けいかん

選定種別重要文化的景観
選定年月日平成23年9月21日
所在地佐渡市西三川 ほか
選定面積約519.3ヘクタール

佐渡島の南西部、真野湾に注ぐ西三川川流域一帯には金銀鉱床が展開しており、古くから砂金採掘が行われた結果、現在でも斜面の掘削による平坦面・被植に乏しい裸地や地崩れ地形・独立丘陵など特異な地形が残されている。

砂金採掘の記録は平安時代に遡るが、産金量が増大した中世末期には砂金採掘の中心地であった西三川川中流域の山間地に集落が形成され、近世に入っても、徳川幕府の財政を支えた佐渡金銀山の1つとして栄えた。江戸時代中期以降は次第に産金量が減少し、明治5年(1872)に西三川砂金山は閉山となった。閉山後は砂金採掘跡や堤跡の田畑への転換、砂金流し用水路の農業用水路への転用といった農地開発が行われ、明治末期には現在の農山村へと産業構造の転換がほぼ完成した。こうした田畑や水路は現在も機能しており、近世の鉱山跡地や鉱山技術を応用した農地開発などの土地利用の変遷を確認することができる。

集落内では、長年の砂金採掘によって生じたガラ石を用いて、家屋の敷地境界線や道路法面に石垣が築かれており、屋敷の配置構成も近世の砂金採掘時代の形態を継承していることが絵図によって示されている。

このように、佐渡西三川の農山村景観は、古代から近代まで行われた砂金採掘によって形成された独特の地形・技術を、閉山後も巧みに土地利用に活かし農山村へと産業構造の転換を成功させた地域の歴史的変遷を示す、価値の高い文化的景観である。

関連情報

下記リンク先のホームページで、具体的な情報をご覧になます。

ページ先頭へ