メニューをスキップしてタイトルへ



健全化判断比率と資金不足比率

[平成21年度:2009年度]決算の概要(6ページ中:6ページ目)

2010年9月30日、掲載

企画財政部 財政課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

平成21年度佐渡市各会計の決算に基づき、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の規定による健全化判断比率等を算定したところ、下記のとおり算定結果がまとまりましたのでお知らせします。

健全化判断比率

(単位:%)
  佐渡市の
健全化判断比率
早期健全化基準 財政再生基準
実質赤字比率-11.8320.0
連結実質赤字比率-16.8340.0
実質公債費比率16.025.035.0
将来負担比率126.0350.0-

資金不足比率

(単位:%)
  佐渡市の
資金不足比率
経営健全化基準
病院事業会計-20.0
水道事業会計-20.0
簡易水道特別会計-20.0
下水道特別会計-20.0

このページの先頭へ

「決算の概要(平成21年度:2009年度)」の目次へ