メニューをスキップしてタイトルへ



当初予算のアウトラインについて

[平成25年度:2013年度]当初予算の概要(5ページ中:2ページ目)

2013年5月2日掲載

企画財政部 財政課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

平成25年度当初予算のアウトラインについて

市の重要課題である5つの分野(雇用対策、観光振興、地域振興、防災対策、行財政改革)を重点に、平成25年度の予算編成を行いました。

予算のポイント
  1. 島内経済の「下支え」としての普通建設事業の増額確保による積極的予算措置(前年度比17億円増(+12.1%))
  2. 重点事業5.6億円による重要課題に対する取組み
  3. 行政評価による事務事業の見直しにより、一般行政経費を抑制(前年度比2億6千万円減(△1.3%))
  4. 財政調整基金残高の確保による継続した財政安定化の堅持
一般会計の予算規模
523億円
平成24年度比
+27億15百万円(+5.5%)
注釈
  • 主な増額理由:合併特例債事業15億30百万円増、国営かんがい排水事業負担金12億34百万円増
  • 平成24年当初予算額は「骨格予算」と「肉付け予算」を合算したものです。

歳入

市税の確保、地方交付税の減額、合併特例債の増額

 平成24年度平成25年度増減額増減率
市税52億16百万円53億56百万円+1億40百万円+2.7%
市税のうち個人市民税  +34百万円 
市税のうち法人市民税  +30百万円 
市税のうちたばこ税  +51百万円 
地方交付税216億円214億円△2億円△1.0%
市債108億18百万円134億44百万円+26億26百万円+24.3%
市債のうち臨時財政対策債16億40百万円16億40百万円±0円0.0%
市債のうち合併特例債65億34百万円81億28百万円+15億94百万円+24.4%
注釈
  • 地方財政計画により、地方交付税減額。
  • 財政調整基金繰入は、平成22〜25年度の繰入なし。

歳出

合併特例債事業費の増額

 平成24年度平成25年度増減額増減率
合併特例債事業費88億66百万円103億96百万円+15億30百万円+17.2%

職員数の削減などによる義務的経費の抑制

 平成24年度平成25年度増減額増減率
人件費76億23百万円72億97百万円△3億26百万円△4.3%

一般行政経費の抑制

 平成24年度平成25年度増減額増減率
一般行政経費199億98百万円197億35百万円△2億63百万円△1.3%

このページの先頭へ

平成25年度当初予算額

平成25年度当初予算額

次表をグラフ化した画像

単位:百万円
 平成25年度
当初予算
平成25年度
当初予算
増減
一般行政経費19,99819,735△263
公債費7,3447,684+340
人件費7,6237,297△326
政策経費490556+66
普通建設事業(災害含)5,2645,398+134
合併特例債事業8,86610,396+1,530
別枠項目 1,234+1,234
合計49,58552,300+2,715

一般会計当初予算の推移

次表をグラフ化した画像

単位:億円
年度人件費公債費普通建設事業(災害含)その他合計
平成16年10286131216535
平成17年10176101220498
平成18年9679101183459
平成19年9379100181453
平成20年878576176424
平成21年847964181408
平成22年817775187420
平成23年7975115195464
平成24年7673141206496
平成25年7377158215523

このページの先頭へ

重点事業の取組

「日本一お客様に愛され、選んでもらえる島」を目指して、五つの分野に重点的に取り組む。

地域資源を活かした産業の育成と雇用の拡大: 2億14百万円

具体的事業
  • 島の応援団推進事業:12百万円
  • 集落営農・担い手支援事業:60百万円
  • 生物多様性戦略推進事業:41百万円
  • 地産地消生産拡大支援事業:7百万円
  • 地域資源活用調査・実証事業:22百万円
  • 新エネルギー導入事業:33百万円
  • 事業系生ごみ事業(リサイクル推進事業):3百万円
  • 起業チャレンジ支援事業:15百万円
  • 新製品開発等支援事業:9百万円
  • 地場産業育成事業:2百万円
  • 佐渡みやげリ・パッケージ事業:2百万円
  • 若者U・Iターン就職支援事業:5百万円
  • 資格取得支援事業補助金:3百万円

島民が一体感を持った観光振興: 69百万円

具体的事業
  • 観光データ調査分析事業:8百万円
  • 宿泊魅力向上事業:7百万円
  • 新潟DC・北陸新幹線開業誘客宣伝事業:20百万円
  • 着地型観光推進モデル事業:5百万円
  • 観光地域連携事業:2百万円
  • 農山漁村体験推進協議会補助金:8百万円
  • トキ政策推進事業:14百万円
  • スポーツイベント負担金(ライフセーバー養成等):5百万円

過疎・少子高齢化に対応した地域づくり: 2億51百万円

具体的事業
  • 地域活動支援事業:5百万円
  • 地域支援組織・人材育成事業:2百万円
  • 元気な地域づくり支援事業:30百万円
  • 高齢化集落支援事業:40百万円
  • 若者定住支援事業:4百万円
  • 健康バンク・佐渡島活性化事業:5百万円
  • 介護基盤整備事業補助金:141百万円
  • 介護施設等居住費助成事業:2百万円
  • 安全安心地域推進事業:3百万円
  • 看護師等就業定着支援補助金:4百万円
  • 障害福祉施設等整備事業:15百万円

災害に強い島づくり: 13百万円

具体的事業
  • 地域防災リーダー育成事業:10百万円
  • 自主防災組織訓練奨励金交付事業:3百万円

財政規模に見合った健全な行政運営: 4百万円

具体的事業
  • 官民協働政策実践プロジェクト事業:4百万円

その他の新規事業: 5百万円

具体的事業
  • 市制施行10周年記念式典事業:5百万円

合計:5億56百万円

このページの先頭へ

投資的経費(普通建設事業費)のポイント

 平成25年度平成24年度比(額)平成24年度比(率)
普通建設事業157億87百万円+17億3百万円+12.1%
普通建設事業のうち
補助事業
40億98百万円△8億29百万円△16.8%
普通建設事業のうち
単独事業
116億89百万円+25億32百万円+27.6%
普通建設事業のうち
合併特例債事業(再掲)
103億96百万円+15億30百万円+17.2%
前倒し普通建設事業
(平成24年度補正)
55億36百万円  

主要事業

合併特例債事業への取組み: 103億96百万円

など

その他の事業(道路整備・漁港整備事業など): 53億91百万円

など

このページの先頭へ

基金残高と市債残高の見込み(一般会計)

基金残高(定額運用基金を除く)

次表をグラフ化した画像

単位:百万円
 財政調整基金減債基金その他特目基金定額運用基金合計
平成21年度末(決算)2,6923698,5311,03412,626
平成22年度末(決算)6,0461,2779,5291,02917,881
平成23年度末(決算)6,4562,50710,1241,03020,117
平成24年度末(見込)6,8172,51510,3951,03020,757
平成25年度末(見込)6,9792,05410,3161,03020,379

市債残高

次表をグラフ化した画像

単位:百万円
 臨時財政対策債合併特例債通常債合計
平成21年度末(決算)12,4288,37332,94653,747
平成22年度末(決算)14,1539,29329,70053,146
平成23年度末(決算)15,04812,02428,01655,088
平成24年度末(見込)15,83618,15027,05461,040
平成25年度末(見込)16,21224,82726,64767,686

このページの先頭へ

「当初予算の概要(平成25年度:2013年度)」の目次へ