メニューをスキップしてタイトルへ



当初予算のアウトラインについて

[平成26年度:2014年度]当初予算の概要(5ページ中:2ページ目)

2014年4月16日掲載

企画財政部 財政課 予算係(0259-63-3114)

本ページの目次

平成26年度当初予算のアウトラインについて

市の重要課題である4つの分野(人口減少対策、人材育成・確保対策、高齢者・障がい者等福祉対策、防災対策)を重点に、平成26年度の予算編成を行いました。

予算のポイント
  1. 平成25年度3月補正予算(経済対策事業)と一体的に編成
  2. 合併特例債事業の減額に対応して、その他普通建設事業を増額
  3. 重点事業5.7億円による重要課題に対する取組み
一般会計の予算規模
458億円
平成25年度比
△65億円(△12.4%)
注釈
  • 平成25年度3月補正を含めた実質的予算規模は469億98百万円
  • 主な減額理由は普通建設事業67億81百万円の減(合併特例債事業80億73百万円の減)

歳入

市税の確保、地方交付税・合併特例債の減額、基金繰入金の増額

 平成25年度平成26年度増減額増減率
市税53億56百万円53億89百万円+33百万円+0.6%
市税のうち個人市民税  +31百万円 
市税のうち固定資産税  +5百万円 
地方交付税
(合併特例期間終了による地方交付税減)
214億円208億円△6億円△2.8%
市債134億44百万円54億52百万円△79億92百万円△59.4%
市債のうち臨時財政対策債16億40百万円15億20百万円△1億20百万円△7.3%
市債のうち合併特例債81億28百万円21億11百万円△60億17百万円△74.0%
財政調整基金繰入繰入なし29億58百万円皆増 
財政調整基金繰入のうち地域の元気臨時交付金分 8億58百万円  

歳出

合併特例債事業の減額、その他普通建設事業の増額

 平成25年度平成26年度増減額増減率
合併特例債事業103億96百万円23億23百万円△80億73百万円△77.7%
その他普通建設事業66億25百万円79億17百万円+12億92百万円+19.5%

職員給与の削減等による人件費の抑制

 平成25年度平成26年度増減額増減率
人件費72億97百万円71億45百万円△1億52百万円△2.1%

臨時福祉給付金・子育て世帯臨時特例給付金の増額(国の補正予算)

 平成26年度
臨時福祉給付金給付事業3億4百万円
子育て世帯臨時特例給付金給付事業71百万円

このページの先頭へ

重点事業の取組

「日本一お客様に愛され、選んでもらえる島」を目指して、四つの分野に重点的に取り組む。

人口減少対策:3億34百万円(平成25年度3月補正を除く)

人口減少率の抑制対策

自然減の改善
  • 保育料2人目無料化事業(子育て支援対策):18百万円
  • 特定不妊治療費補助金(すこやかな妊娠・出産事業):2百万円
  • 健康バンク 佐渡島(たからじま)活性化事業:3百万円
社会減の改善
  • インターンシップ支援事業:2百万円
  • 若者U・Iターン就職支援事業:7百万円
  • 若者定住支援事業:5百万円
  • キャリア教育推進事業:1百万円
  • 小学校総合学習支援事業:11百万円
  • 中学校総合学習支援事業:5百万円

人口減少による地域経済力低下の防止対策

農林水産業の振興
  • 販売網構築事業:21百万円
  • チーム佐渡推進事業:2百万円
  • 集落営農・担い手支援事業:85百万円
  • 佐渡版戸別所得補償事業:61百万円
商工業の振興
  • プレミアム商品券発行事業(平成25年度3月補正):(47百万円)
  • 制度融資利子補給事業(平成25年度3月補正):(48百万円)
  • 起業チャレンジ支援事業:16百万円
  • 新製品開発等支援事業:18百万円
  • メイド・イン・サドブランド創出事業:10百万円
観光等交流人口の拡大
  • 外部人材力活用事業:13百万円
  • 宿泊満足度向上事業:11百万円
  • 三大遺産PR・誘客促進人材育成事業:26百万円
  • 小木港開港400年記念式典事業:3百万円
  • 新潟DC・北陸新幹線開業誘客宣伝事業:11百万円
交通インフラの整備
  • 新航空路開設促進協議会負担金(空港対策事業):3百万円

このページの先頭へ

人材育成・確保対策:73百万円

人材の育成
  • キャリア教育推進事業:(再掲)
  • 小学校総合学習支援事業:(再掲)
  • 中学校総合学習支援事業:(再掲)
人材の確保
  • 外部人材力活用事業:(再掲)
  • 地域の活力再生事業:56百万円
  • インターンシップ支援事業:(再掲)
  • 看護師等確保対策事業:17百万円

このページの先頭へ

高齢者・障がい者等福祉対策:96百万円

高齢者の生きがいづくり
  • 地産地消生産拡大支援事業:5百万円
  • 健康バンク 佐渡島(たからじま)活性化事業:(再掲)
子ども・若者等のサポート
  • しまびとジュニア支援事業:10百万円
過疎化に対応した地域づくり
  • 地域の活力再生事業:(再掲)
  • 元気な地域づくり支援事業:31百万円
  • 高齢化集落支援事業(安全・安心まちづくり事業):50百万円

このページの先頭へ

防災対策:68百万円(平成25年度3月補正及び普通建設事業を除く)

重点事業 合計:5億71百万円

このページの先頭へ

投資的経費(普通建設事業)のポイント

 平成26年度平成25年度比(額)平成25年度比(率)
普通建設事業102億40百万円△67億81百万円△39.8%
(再掲)普通建設事業のうち
合併特例債事業
23億23百万円△80億73百万円△77.7%
(再掲)普通建設事業のうち
その他普通建設事業
79億17百万円+12億92百万円+19.5%

(平成25年度3月補正)前倒し普通建設事業:11億3百万円

主要事業

合併特例債事業への取組み:23億23百万円

など

その他の事業(道路整備・漁港整備事業など):79億17百万円

など

前倒し事業(平成25年度3月補正):11億3百万円

など

このページの先頭へ

「一般会計当初予算の概要(平成26年度:2014年度)」の目次へ