ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 環境対策課 > 空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく命令について

本文

空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく命令について

記事ID:0018634 更新日:2021年3月18日更新 印刷ページ表示

 

 空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号。以下「法」という。)第2条第2項に規定する、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態の特定空家等と認められる建築物の所有者等に対し、佐渡市において2例目となる法第14条第3項の規定による命令を次のとおり行いました。

命令の内容

令和3年5月19日までに当該建築物の全部を解体・撤去するよう、命令を行いました。

命令の実施日

令和 3年3月18日(木曜日)

命ずるに至った事由

当該建築物は、前面道路側の梁と柱の腐食による損傷に加えて、外壁(パラペット部分)の劣化が著しく、建築物の倒壊、外壁等が脱落、飛散等することにより、そのまま放置すれば通行人等に危害が及ぶなど、保安上危険となるおそれのある状態のため。

所在地

佐渡市 千種975-1

構造・規模等

木造平家建  約125平方メートル

位置図

千種975-1