ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 土地・住まい > 空き家情報 > 危険な空家の解体を支援します。

本文

危険な空家の解体を支援します。

記事ID:0024761 更新日:2021年4月9日更新 印刷ページ表示

 

佐渡市老朽危険廃屋対策支援事業

 佐渡市では、市民の安全、安心の確保及び良好な景観を形成することを目的に、市内の老朽化して危険な空家の解体をする方に対し、補助金制度を設けています。

 申請を検討されている方は、事前にご相談ください。

補助対象者

市税を滞納していない、危険な空家の所有者または相続人など

補助対象となる老朽危険廃屋

補助の対象となる老朽危険廃屋は、次のすべてに該当する建築物です。

 ・ 市内に存在する特定空家または不良住宅と認められた空家

 ・ 解体の跡地に建替えを目的としていないこと

 ・ 公共事業などによる移転、建替えの補償対象ではないこと

 ・ 補助を受ける目的で故意に破損などをさせたものでないこと

 

申請期間(※募集を締め切りました。)

令和3年4月12日(月曜日)~令和3年6月9日(水曜日)

補助率

木造建築物    2分の1以内(上限  80万円)

非木造建築物     5分の4以内(上限400万円)

※補助金額が、15万円未満の場合は交付しません。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)