メニューをスキップしてタイトルへ



就学援助

2018年7月1日、更新


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2018年7月1日、様式を差し替えました。
  • 2018年4月18日、平成30年度の情報を掲載しました。
  • 2017年4月25日、平成29年度の情報を掲載しました。
本ページの目次

経済的な理由により義務教育を受けさせることが難しい世帯へ、学用品費や給食費などを援助します。

詳しくは、小中学校の全保護者へ配布している案内をご覧ください。

注釈
  • 援助希望の有無にかかわらず、すべての保護者の方は申請書を各学校へ提出してください。
  • 前年度に就学援助を受けていた方も、あらためて申請書を提出する必要があります。

援助の対象

次のいずれかに該当する家庭を援助します。

「経済的援助が必要な家庭」の所得の目安

 世帯人数家族構成(例)家庭の総所得額の目安
例12人父28歳、小学1年約187万円程度以下
例23人母30歳、小学3年、幼稚園年中約229万円程度以下
例34人父41歳、母35歳、小学1年、小学3年約280万円程度以下
例44人父45歳、母42歳、小学5年、中学2年約291万円程度以下
例55人父35歳、母32歳、小学1年、小学4年、幼稚園年少約302万円程度以下
例66人父38歳、母41歳、中学2年、小学4年、祖父68歳、祖母65歳約364万円程度以下

このページの先頭へ

申請方法と支払時期

下記の申請書と同意書に必要事項を記入し、学校へ提出してください。

認定するためにご家庭の総所得額を確認しますので、市民税の申告が必要な方は、下記リンク先をご覧のうえ申請前に必ず申告を終えてください。(収入がない場合も申告が必要です)

申請期限

2018年4月分から援助費が支給されるためには、2018年4月27日(金曜日)までに各学校へ申請する必要があります。

2018年4月27日(金曜日)以降も随時受け付けていますが、申請日(学校へ提出した日)の月から認定となります。この場合、学用品費などの支給額が月割となるほか、援助費目によっては支給されない場合があります。

支払時期

2018年7月下旬に認定結果を郵送でお知らせします。その後、ご指定いただいた口座へ、学期毎に援助費を振り込みます。(1学期は8月、2学期は12月、3学期は3月)

このページの先頭へ

援助の内容と援助額

下記の援助額は、すべて年額です。

学用品費1

内容
ノートや筆記用具などの購入費宿泊をともわない校外活動にかかる経費
援助額
  • 小学1年生:12,990円
  • 小学2年生〜6年生:15,220円
  • 中学1年生:24,590円
  • 中学校2年生〜3年生:26,820円

学用品費2

内容
宿泊をともなう校外活動の交通費と見学料
援助額
  • 小学校:上限3,620円
  • 中学校:上限6,100円

新入学児童学用品費(新入学準備金)

内容
ランドセルなど、小学校への入学の際に必要な物の購入費
援助額
  • 小学校1年生:40,600円
注釈

新入学生徒学用品費(新入学準備金)

内容
カバンなど、中学校への入学の際に必要な物の購入費
援助額
  • 中学校1年生:47,400円

修学旅行費

内容
修学旅行に必要な経費(交通費、宿泊費、見学料など)
援助額
  • 実費(参加者が均一に負担する額)

クラブ活動費

内容
小学校の授業のクラブ活動費中学校の部活動費
援助額
  • 小学校:2,710円
  • 中学校:29,600円

生徒会費

内容
学校が徴収する生徒会費・児童会費
援助額
  • 小学校:上限4,570円
  • 中学校:上限5,450円

PTA会費

内容
学校が徴収するPTA会費
援助額
  • 小学校:上限3,380円
  • 中学校:上限4,190円

日本スポーツ振興センター災害共済掛金

内容
日本スポーツ振興センター災害共済掛金(対象は市立学校のみ。また、4月〜5月1日の 認定者だけが対象となります)
援助額
  • 460円

給食費

内容
学校給食費(対象は市立学校のみ)
援助額
  • 実費

医療費

内容
むし歯、中耳炎、慢性副鼻腔炎。寄生虫病などの治療費(対象は市立学校のみ)
援助額
  • 実費(学校から医療券を発行します)

このページの先頭へ

担当窓口

このページの先頭へ

「教育」のトップへ